< google-site-verification=egtZNNqKh1HOynz4dS1ABSSVbn2y5pzdWPPSFBTsFHE

野球の聖地で不動産投資をしてみよう‼

 

 

不動産クラウドファンディング事業には新規性があり、

国内市場も20年の市場規模850億円から26年には1.5兆円へと

大きな成長が見込まれており、注目度は高い。

今回は「COZUCHI」の新案件についての情報をお伝えしていきます。

(目次)

1.### 1.COZUCHIの新しい案件告知

前回案件である「渋谷駅前開発プロジェクト」の案件募集にはびっくりしました。

若者の中心街を案件募集して、さらに高利回り9%でしたからね。

今回は不動産クラファン初の「特別優待券限定ファンド」で

一般の人は募集できなかったという。

…と思ったら次の案件もチョー有名な場所で行われる

ということで、次回案件についてご紹介をしていきます。

案件名:神宮前開発プロジェクト フェーズ1

募集金額:150,000,000円

利回り:5%(キャピタル4.9% インカム0.1%)

運用期間:12か月

募集方式:抽選方式

募集期間

特別優先募集 09/19 19:00-09/20 13:00

一般募集   09/21 19:00-09/26 13:00

最小投資金額:10,000円

概要:

本ファンドは、東京メトロ副都心線 北参道駅徒歩8分、東京メトロ千代田線

明治神宮前駅徒歩10分にある土地および建物を投資対象としています。

本物件取得後は、新たに事業用ビルの開発を行い、

収益物件として売却を行う予定です。

今回もフェーズが2段階に分かれております。

①開発に必要な許認可を取得する

②開発に必要な許認可に基づき、開発を行いリーシング等を行う

の2つのフェーズに分けることができます。

本案件では①のフェーズのみのプロジェクトとなります。

プロジェクトを分ける理由は、事業利益の最大化によりますが、

ポイントとしてはフェーズ①の段階で条件が合えば本物件を売却できる可能性があり、

フェーズ②となる場合でも運用期中コストを抑えられているため、

開発利益を最大化する狙いがあります。

本プロジェクト(フェーズ①)での売却を行わない場合は、

フェーズ②のプロジェクトとして再度募集を行います。

この際、フェーズ①の本プロジェクト出資者でご希望の投資家様には、

フェーズ②のプロジェクトで優先的に出資可能な設計とする予定です。

今回もCOZUCHIは配当ポリシーとして、

キャピタルゲインを一定の分配方針に基づいて上限なしに配当する方針を掲げており、

本案件では、キャピタルゲインの25%を上限として

優先出資者である投資家の皆様に割り当て配当します。

今回の案件はぜひ狙っていきますが、競争が厳しくなってきたので、

当選できるかどうかは微妙な情勢になってきているのは確かですね。

※COZUCHIへの会員登録は下記のバナーから手続きができます。

COZUCHI

2.COZUCHIの事業者紹介

COZUCHIに会員登録するのはいいけど、何している事業者なの?と思われるでしょう。

不動産投資型クラウドファンディングとは少額投資で不動産物件に投資ができる という金融商品です。

ソーシャルレンディングと仕組みは基本は一緒とご理解ください。

COZUCHIはその数ある一事業者ですが、投資家の間では非常に人気があります。

最大の要因は「キャピタルゲイン配当に上限を設けていない対応」です。

zaosi.hatenablog.com

分配金は通常インカムゲインと(利息収入)とキャピタルゲイン(売却益)で構成されていますが、

キャピタルゲイン(売却益)の配分が想定以上を投資家に分配しております。

3.まとめ

今回は不動産クラウドファンディング事業者「COZUCHI」の

新規案件の概要についてお伝えしました。

ソーシャルレンディングもそうですが配当金=利息収入というイメージはかなり強いですが、

不動産となりますと売却益も発生しますので、いっきにお金を稼ぎたい方は

ぜひCOZUCHIに投資してチャレンジしていただきたいです。

※COZUCHIへの会員登録は下記のバナーから手続きができます。

COZUCHI

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 

↓クリック、よろしければご協力をお願いいたします

にほんブログ村 通販ブログへにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ