< google-site-verification=egtZNNqKh1HOynz4dS1ABSSVbn2y5pzdWPPSFBTsFHE

おすすめ‼ソーシャルレンディング事業者5選紹介

 

 

私は不動産クラウドファンディング事業者への投資は2020年秋頃からはじめました。

2021年はSBISLの撤退、不動産クラウドファンディングの新規事業者参入、

事業者が自然消滅等の動きがありましたが、

投資金額が貸し倒れをすることなく順調に投資をしています。

主な事業者の顔触れは変わっていませんが、募集時間帯、

投資家のニーズによって、投資環境は日々変わっていきます。

今回は私が実際に投資を体験を元に感じました、

おすすめソーシャルレンディング事業者5選をご紹介していきます。

ちなみにこの記事の最終更新は2022年8月1日時点となります。

(目次)

1.ソーシャルレンディングをはじめるには?

読者のみなさまは投資といえば思いつくのは、株式・FX・仮想通貨ですよね。

でもこれからの金融商品は私たちを取り巻く将来の経済的な側面に大きく影響を受けます。

つまり得することもあれば損もする。一種の博打のようなものです。

対してソーシャルレンディングは、市場相場に連動してらず、

手間がかからずに始めることができる投資法としてソーシャルレンディングは注目されています。

最低投資額は1万円程度から始めることができるため、元本が少ない人でも少額から始めることができるようです。

ソーシャルレンディングをおこなうためには運営会社である事業者を介さなければいけません。

ソーシャルレンディングは現在の所数社以上ありますが、

今回は私が実投資しておすすめと感じた5社の事業者をご紹介していきます。

2.おすすめソーシャルレンディング事業者

それでは私が実体験して感じた

おすすめのソーシャルレンディング事業者5選をご紹介します。

クラウドバンク

クラウドバンクは2013年度にサービスを開始しており、

ソーシャルレンディングの企業で、非常に長く運営しています。

今までの累積調達金額は1400億円を突破(2021年6月11日現在)し、業界トップクラスの水準でサービスを提供しています。

イメージキャラクターにトリンドル玲奈さんを起用して

「未来の娘」と「こう見えて資産運用中」の2本の動画配信をしております。

クラウドバンクの案件は国内向け(自然エネルギー、中小企業支援等)と

海外向け(カリフォルニア、香港等)に大きく分かれております。

【おすすめポイント】

長年の安心実績がまさにそうでしょう。

①2022年7月現在の累計応募金額が1922億円突破

②2022年3月末までの1年間に運用終了した税引前のファンド実績値は5.8%

③融資元本回収率100%

クラウドバンクの詳しい事業紹介は下記の記事をご欄ください。

zaosi.hatenablog.com

クラウドバンクへの会員登録は下記のバナーから手続きができます。

クラウドバンク

②Funvest

Funvestは、Fintertech株式会社が提供するソーシャルレンディングサービスです。

キャッチコピーは 「未来をわかちあう投資」 です。

Funvestファンベスト、大和証券グループ、クレディセゾングループの

Funvest株式会社が運営するクラウドファンディング・プラットフォームです。

Funvestは国内向けと海外向け、特に新興国向けの案件に分かれております。

【おすすめポイント】

利回りはソーシャルレンディングは低い方ですが、

Amazonギフト券キャンペーンを展開しているので、

通販サイト「Amazon」を利用している方はぜひ狙っていただきたいです。

Funvestの詳しい事業紹介は下記の記事をご欄ください。

zaosi.hatenablog.com

※Funvestへの会員登録は下記のバナーから手続きができます。

Funvest

③COOL

COOLのサービス開始時期は2019年7月で、運営会社は株式会社ZUUです。

ZUUは金融メディア「ZUU online」を運営する会社で、月間400万人が閲覧する大手金融メディアで、

質の高い専門的な記事を読むことができます。

キャッチフレーズは「ジブンらしい投資 がんばりすぎない でも妥協しない」です。

COOLのファンドは今まで全て1年未満の短期運用が特徴です。

【おすすめポイント】

他のソーシャルレンディングに比べて競争率が低いので、

クリック合戦開始直後に売り切れる確率は低いですが、募集金額が小さい場合は除外します。

COOLの詳しい事業紹介は下記の記事をご欄ください。

zaosi.hatenablog.com

※COOLへの会員登録は下記のバナーから手続きができます。

COOL

④AGクラウドファンディング

AGクラウドファンディングのサービス開始時期は2021年9月で半年は経過しました。

運営会社は東証プライム市場に参加している「アイフル」の100%子会社が運営しています。

アイフルと言えば無担保ローン事業(消費者金融)のイメージが強いのですが、

クレジット事業(ライフカード)や信用保証事業にも力を入れています。

AGクラウドファンディングは当初貸付先がアイフルグループだけでしたが、

最近は不動産担保ローンファンドが開始されました。

【おすすめポイント】

利回りは他のソーシャルレンディングに比べて非常に低いのはネックですが、

不動産担保ローンファンドは高いですので、この案件を狙って頂きたいです。

AGクラウドファンディングの詳しい事業紹介は下記の記事をご欄ください。

zaosi.hatenablog.com

※AGクラウドファンディングへの会員登録は下記のバナーから手続きができます。

AGクラウドファンディング

Bankers

バンカーズとは、2020年12月に開始された融資型クラウドファンディングサービスです。

バンカーズを運営するのは株式会社バンカーズで、

2019年8月に設立された株式会社バンカーズ・ホールディングの100%子会社に当たります。

株式会社バンカーズの前身である泰平物産株式会社は、46年の営業実績がある貸金業の老舗企業です。

2022年5月にSBIと合併しましたが、それ以来会員数が一気に伸びたのか、

人気事業者となり、募集成立がしづらい状況となってきました。

【おすすめポイント】

比較的投資しやすい環境であり、理由は以下のとおりです。

①案件数が安定的に多く投資しやすい

②募集金額が大きい案件がある

③募集方式は先着/抽選両方式を採用している

Bankersの詳しい事業紹介は下記の記事をご欄ください。

zaosi.hatenablog.com

Bankersへの会員登録は下記のバナーから手続きができます。

バンカーズ

3.まとめ

今回は私が実際に実投資をして、経験をもとに感じた

おすすめソーシャルレンディング事業者5選をご紹介しました。

2022年以降は今まで私が投資を見送ってきた事業者へも投資予定ですので、

私がここは「おすすめ」と感じた事業者を今後も随時追加してご紹介していきます。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 

↓クリック、よろしければご協力をお願いいたします

にほんブログ村 通販ブログへにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ