< google-site-verification=egtZNNqKh1HOynz4dS1ABSSVbn2y5pzdWPPSFBTsFHE

穴場事業者を狙うならここ‼TOMOTAQUだ‼

 

 

不動産クラウドファンディング事業には新規性があり、

国内市場も20年の市場規模850億円から26年には1.5兆円へと

大きな成長が見込まれており、注目度は高い。

今回は「TOMOTAQU」の新案件についての情報をお伝えしていきます。

(目次)

<script async src="https://platform.t

1.TOMOTAQUの新案件紹介

それでは利回り不動産の新案件についてご紹介をしていきます。

案件名:トモタクCF6号

募集金が鵜:12,400万円

利回り:6.7%

運用期間:1年間

最低出資額:10万円

募集方式:抽選方式

募集期間:2022年8月1日12:00~2022年8月22日13:00

概要:

この案件は東京地下鉄有楽町線副都心線氷川台駅」から徒歩4分

ほどに位置するマンションになります。

グループ会社とマスターリース契約を締結しており、

インカムゲインキャピタルゲインとなっております。

この記事を作成している2022年8月8日段階では、応募率は58%です。

募集期間の最終が8月22日までなので、応募率はかなり高くなることが予想されますが、

それでも他不動産クラウドファンディング事業者よりは認知度が多少低いので、

当選できるチャンスは高いと私は分析をしております。

2.TOMOTAQU(トモタク)の事業者紹介

ここからはTOMOTAQU(トモタク)の事業者紹介をしていきます。

①TOMOTAQU(トモタク)のメリット

TOMOTAQU(トモタク)に投資するメリットは以下の通りです。

・利回りが高く収益性が期待できる

TOMOTAQUは以前(案件名:トモタク〇号)までは5.0%~8%の利回りとなっていますが、

現在(案件名:トモタクCF〇号)はリニューアルキャンペーンのためか、7~10%となっております。

利回り8パーセントという数字は、他の不動産クラウドファンディング事業者と比較してもかなり高い数字であり、

収益性を求める人にとって見逃せないでしょう。

②TOMOTAQU(トモタク)のデメリット

TOMOTAQU(トモタク)に投資するデメリットは以下の通りです。

TOMOTAQUは最低投資金額が10万円と設定しています。

他不動産クラウドファンディング事業者の多くは最低投資金額は1万円なので、

少額投資を望んでいる投資家にとっては高いハードルだと思います。

③それ以外のTOMOTAQU(トモタク)の事柄

TOMOTAQU(トモタク)のそれ以外のメリット・デメリットや特徴につきましては

下記のアドレスに掲載していますので、ご拝読してください。

zaosi.hatenablog.com

3.まとめ

今回はTOMOTAQU(トモタク)の最新案件についてご紹介をしました。

利回りが高く募集期間が長いので、かなり高い競争率になりそうですが、

自らの運気を信じるしかありませんね。

※TOMOTAQUへの会員登録は下記のバナーから手続きができます。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 

↓クリック、よろしければご協力をお願いいたします

にほんブログ村 通販ブログへにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ