< google-site-verification=egtZNNqKh1HOynz4dS1ABSSVbn2y5pzdWPPSFBTsFHE

クラウドバンクは高利回りだけど怪しい?評判/メリットを徹底解説

 

 

クラウドバンクに私が投資を始めたのが2020年8月頃です。

この記事を作成している2022年7月ですので、丸2年が経過しようとしています。

金融商品を取り扱って長年投資をしている方は

クラウドバンク」という名を聞いたことがあるかもしれません。

名前は知っているけど怪しいのではない?と思うのが初期の感想だと思います。

今回はクラウドバンクの事業者として評判・メリット等についてお伝えします。

(目次)

1.クラウドバンクについて知っていこう

クラウドバンクはソーシャルレンディングと呼ばれる投資をおこなう事業者です。

クラウドバンクを語る前に、そもそもソーシャルレンディングとは何か?からご紹介しますね。

ソーシャルレンディングとは?

ソーシャルレンディングとは、

「お金を融資して利息で稼ぎたい投資家」と「お金を借りたい企業や人」を

ネットを介して結び付けてくれる金融サービスです。

ソーシャルレンディングを使えば、銀行からの融資を受けにくい中小企業やベンチャー企業でも、

必要な運転資金を確保できる可能性があります。

一方、投資家は、貸したお金に付く利息をリターンとして受け取れます。

ソーシャルレンディング」という言葉は投資YouTubeからは怪しいとの声多数です。

結果としてmaneo系列やSBISLのように事業者のトラブルで閉鎖しているので、

元本保証されていない金融商品なので怪しいと叫ばれても仕方ありませんが、

元本棄損するのは株式・FX・仮想通貨の方が常日頃市場相場は連動しているので、

私からいえばそちらの方が危険性が高く怪しいと体験で感じました。

ソーシャルレンディングのメリット・デメリット・評判については以下の記事で紹介しています。

zaosi.hatenablog.com

クラウドバンクの特徴

クラウドバンクは、日本クラウド証券株式会社が運営するソーシャルレンディングサービスです。

ソーシャルレンディングは「融資型クラウドファンディング」とも呼ばれることがあります。

証券会社が運営するという特徴を持つソーシャルレンディングサービス「クラウドバンク」では、

融資先企業との間で金銭消費貸借契約を結び、投資家から集めた資金を企業に融資します。

クラウドバンクは2013年度にサービスを開始しており、

ソーシャルレンディングの企業で、非常に長く運営しています。

今までの累積調達金額は1400億円を突破(2021年6月11日現在)し、業界トップクラスの水準でサービスを提供しています。

イメージキャラクターにトリンドル玲奈さんを起用して

「未来の娘」と「こう見えて資産運用中」の2本の動画配信をしております。

2.クラウドバンクのメリット

それではクラウドバンクに投資するメリットについてお伝えしていきます。

①ファンドの種類が豊富

クラウドバンクは「太陽光」「風力」等の自然エネルギー系、

建設・不動産事業などの経済系、カリフォルニア、オーストラリアなどの海外系など、

ファンドの種類が豊富にあります。

2022年7月現在は円相場が独歩安のために為替差益が発生する海外案件は敬遠されがちですが、

他の案件は募集開始直後にすぐに売り切れるほどチョー人気化しております。

②高利回りの案件が多く利回りが期待できる

クラウドバンクの公式HPでは2022年6月末までの1年間に運用終了した税引前の

ファンド実績値で実質平均利回りが5.8%です。

ここ数か月のクラウドバンクの募集案件は利回りが4~6%台と低下してきていると感じますが、

それでも銀行預金の利率と比べればだいぶ高いです。

③最低投資金額は1万円から可能である

ソーシャルレンディングの特徴として最低投資額は1万円からであり、クラウドバンクも同じです。

大金をつぎこんで損をしたという経験は私を含め、

投資を長年経験した者であれば体験しているかもしれませんが、

少額投資であれば最初は様子見という軽い気持ちで行うこともできますよね。

④即日入金をすることができる

クラウドバンクは専用のデジポット口座に入金している状態からでないと案件に応募できませんが、

クラウドバンクのマイページから即時入金を利用すれば、インターネット上で、

お手持ちの銀行口座から、クラウドバンクの口座へ入金することができてとても便利です。

もちろん即日入金サービスを使えば振込手数料は無料です、

これが他の事業者との大きな違いです!

ただし即時入金を利用するためには提携金融機関でインターネットバンキングの

契約をしている必要があるので注意してください。

⑤安心の証券会社によるサービス運営

クラウドバンクは、証券会社(第1種金融商品取引業者)が提供するクラウドファンディングサービスです。

証券会社として、金融商品取引法によって求められるコンプライアンス体制の確保、

自己資本規制比率などの高い財務基準をクリアしながらサービス運営を行っています。

⑥金取引業を行っている

2021年6月23日にクラウドバンクが金取引業を開始しました。

zaosi.hatenablog.com

2022年7月現在世界経済はインフレ時代に突入し、金は本領発揮します。

金はインフレに強い」と世界中に印象付けたのは、1970年代における2度のオイルショック時に

強烈なインフレと共に金価格も急騰したことが背景にあります。

私もインフレ対策として金取引を開始しました。

クラウドバンクへの会員登録は下記のバナーから手続きができます。

クラウドバンク

3.クラウドバンクのデメリット

クラウドバンクに投資するデメリットとしては以下のことがあります。

①途中解約ができない

クラウドバンクだけでなくソーシャルレンディング全般にいえるデメリットですが、

一度案件成立しますと、運用期間が終了するまでは決済をすることはできません。

投資と聞くと自分の好きなタイミングで売り買いできるイメージが強いので

ソーシャルレンディングで投資を始める方は、この点にご注意してください。

②融資元本が保証されていない

クラウドバンクは2022年6月時点のクラウドバンクファンドからの融資回収率は100%です。

しかしソーシャルレンディング業界でいえばmaneo系列やSBISLの事例があります。

元本割れが起こる確率自体は非常に低いのですが、過去に発生している事例も他社では存在しているため、

絶対的に起こらないと断定するのは危険と認識をしてください。

③融資先の情報開示が不十分な場合がある

融資先の情報はある程度公開されていますが、全てを確認できるわけではありません。

そのため、案件自体の不透明性が高く、不祥事が発生する要因ともなっております。

要約すると安心して融資を行うことができないことはデメリットと言えるでしょう。

4.クラウドバンク評判・実投資の状況は?

前章までクラウドバンクの特徴・メリット・デメリットをご紹介してきました。

クラウドバンクの評判はどうなの?

そこで気になるのが、クラウドバンクの評判ですよね。

実際の生の声、投資家達の評判は気になりますよね!

評判としましては、

評価されている点は「想定利回りが高い」

「トラブルもなく総額数十万の分配金があった」

「毎月分配金があるのは嬉しい」

評価されない点は「海外案件は不安で投資できない」

「クリック合戦に負けて投資ができない」

ウクライナ情勢で海外に投資する危険を感じる」 でしょうか。

クラウドバンクの不動産投資状況

クラウドバンクについて紹介しておりますが、では私はどういった投資状況か?

クラウドバンクの投資状況ですを公開しますね。

クラウドバンク、2年間の分配金実績は426,774円です。

2年間ですから、立派な副収入ですね。すごくありがたいです。

しかも元本棄損せずに過ごしているので、確実に資産が増えました。

ただし儲けとしては株・仮想通貨・FXの方が一攫千金狙えますが、

ソーシャルレンディングは地味ですが安定した収益が得られます。

5.まとめ

以上、クラウドバンクの特徴・評判・メリット・デメリットについてご紹介しました。

クラウドバンクはソーシャルレンディング業界をひっぱっていく事業者です。

私はクラウドバンクは怪しい事業者だとは思っておりません。

大切なことはクラウドバンクは儲かるから一極投資をするのではなく、

複数のソーシャルレンディング分散投資をしていくべきでしょう。

クラウドバンクへの会員登録は下記のバナーから手続きができます。

クラウドバンク

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 

↓クリック、よろしければご協力をお願いいたします

にほんブログ村 通販ブログへにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ