< google-site-verification=egtZNNqKh1HOynz4dS1ABSSVbn2y5pzdWPPSFBTsFHE

TSON FUNDINGの評判/メリット/デメリットはどうなの?徹底解説

 

 

クラウドファンディング」一度は聞いたことがある言葉でしょう。

インターネットを通じて不特定多数の人に資金提供を呼びかけ、

趣旨に賛同した人から資金を集める方法です。

似たような用語で「不動産クラウドファンディング」という言葉があります。

最近は、その「不動産投資型クラウドファンディング」の知名度と人気が上がってきています。

今回はその中でも投資家からかなりの注目をあつめている

事業者「TSON FUNDING」についてご紹介をしていきます。

(目次)

1.TSON FUNDINGで不動産投資をしよう!

この章ではTSON FUNDINGの不動産投資とはどんなものか?について紹介していきます。

①不動産クラウドファンディングとは?

TSON FUNDINGは不動産クラウドファンディング事業者ですが、

初めて始めて聞く名前と思われた方は多いでしょう。

不動産クラウドファンディングは事業運営者が主体となって権利を小口化して販売する金融商品です。

2022年になり米国の金融政策による利上げ、インフレ抑制策、ウクライナ情勢で相場は大荒れです。

投資家の皆様は日々市場の値動きに神経をとがらせていませんか?

不動産クラウドファンディング一番のメリットとしましては、

市場相場に連動しないので元本が値動きがないことです。

これがこの金融商品の一番いい評判ですね。

以下の記事で不動産クラウドファンディングはどんな不動産投資かを紹介しております。

zaosi.hatenablog.com

②TSON FUNDINGの特徴

TSON FUNDINGの読み方は「ティーソンファンディング」で、サービス開始は2020年10月です。

運営会社は株式会社TSONで、本社は愛知県にあり不動産業を提供しています。

現在の募集案件は愛知県が中心ですが、それ以外の都道府県もあります。

株式会社TSONは東京プロマーケットに上場している投資サービスとなります。

本社が不動産業を展開しているために、不動産投資型クラウドファンディングを展開しております。

🔶TSON FUNDINGの仕組み

TSON FUNDINGは1万円からインターネット上で行える不動産投資です。

投資からの出資金で不動産を取得し、運用・売却することで得られた利益を配当として還元いたします。

投資家は投資物件管理は一切不要で手間なしに不労所得が得られます。

2022年は米国と日本の金利拡大、ウクライナ戦争の影響で市場相場は乱高下していますが、

景気に左右されにくい実物不動産投資のため全く影響をうけないのは大きなメリットです。

🔶2つのファンドシリーズ

TSON FUNDINGは「匿名組合型ファンド」と「任意組合型ファンド」に大別されます。

詳しい内容は以下の画像で掲載しますが、案件募集時はどちらのシリーズかご確認くださいね。

一番気を付けてほしい項目は「所得の税務区分」「源泉徴収」です。

2.TSON FUNDINGに不動産投資するメリット

TSON FUNDINGに不動産投資するメリットとしては以下のことがあげられます。

①不動産AIを活用している

TSONは独自開発の不動産AIを活用して、必要な項目を入力するだけで

市場の販売動向を把握できる独自のマーケティングシステムを保有しています。

②不動産担保がある

TSON FUNDINGの投資対象は、戸建て住宅・賃貸住宅となります。

SON FUNDINGでは「定期借地権」を活用することで土地購入費を不要としました。

この方式は様々なメリットがあり、地価の暴落リスクを最小限に抑え、高い利回りを実現です。

③途中解約ができる

TSON FUNDINGには、運用中であっても途中解約できるメリットがあります。

不動産クラウドファンディングソーシャルレンディングは原則できません。

急遽資金が必要になったときに、資金が戻せるのは安心感がありますね。

ただし所定の手数料がかかりますのでご注意ください。

④リスク対策が充実している

不動産クラウドファンディングは優先劣後方式を採用しています。

投資家の安全性を向上させることが仕組みで、運営会社も一定割合投資をすることで、

もし運用が上手く行かなかった場合、まずは運営会社が損失を負担します。

TSON FUNDINGはそれ以外に万が一の空室リスクに備えた

「全期間家賃固定型の空室保証」制度を設定することでリスクを徹底的に減らしています。

⑤分配金支払いは払い戻し期日まで

他事業者にはないTSON FUNDING、最大の利点でしょう。

本来分配金の範囲は運用開始~運用終了までとなっていますが、

TSON FUNDINGの場合は運用開始~払い戻し期日(指定口座振込)までとなっています。

TSON FUNDINGは運用終了~払い戻し期日まで2か月の空白期間がありますが、

空白期間も分配金を支払い対象なので、高利回りのため余分にもらえお得感があります。

zaosi.hatenablog.com

※TSON FUNDINGへの会員登録は下記のバナーから手続きができます

3.TSON FUNDINGに不動産投資するデメリット

TSON FUNDINGに不動産投資するデメリットとしては以下のことがあげられます。

①投資元本の保証はない

不動産クラウドファンディングはある程度リスク対策をしておりますが、

それでも想定以上の損失がでた場合は投資家に損失の責務が生じます。

よって投資という金融商品である以上、法律的にも元本保証はありません。

②最低投資額が5万円から

不動産クラウドファンディング事業者の多くは最低投資額は1万円ですが、

TSON FUNDINGは最低投資額が5万円となっておりますので、この点にはご注意ください。

③応募方式が不明瞭

今まで募集方式は「抽選方式」を採用しておりましたが、

2022年3月から「先着方式」も導入されました。

今後の募集方式がどうなるのかは現時点では詳細不明なので、

案件募集があった際は、しばらくはこの項目に注目してください。

4.TSON FUNDINGの評判・実投資の状況は?

前章までTSON FUNDINGの特徴・メリット・デメリットをご紹介してきました。

①TSON FUNDINGの評判はどうなの?

そこで気になるのが、TSON FUNDINGの評判ですよね。

実際の生の声、投資家達の評判は気になりますよね!

評判としましては、

評価されている点は「利回りが高い」

「余分に分配金がもらえる」「空室保障対策は安心する」

評価されていない点は「今回も落選、利回り不動産に投資できない」

「任意組合型には抵抗がある」 でしょうか。

TSON FUNDINGは案件数は現状では月に2~3本のペースとなっていますが、

利回りが6.7%から低下傾向になっているため、投資家の動向に注目が集まっています。

②TSON FUNDINGの不動産投資状況

TSON FUNDINGについて紹介しておりますが、では私はどういった投資状況か?

TSON FUNDINGは2022年3月前まではすべて抽選方式で、

募集金額も数千万円単位だったので、2~3回応募すれば当選できたので投資しやすかったです。

そのため他事業者よりも投資金額が多くなっています。

zaosi.hatenablog.com

2022年5月時点では、TSON FUNDINGの案件は1件満額償還されました。

zaosi.hatenablog.com

5.まとめ

今回は不動産クラウドファンディング事業者「TSON FUNDING」の

特徴・メリット・デメリット・評判について紹介しました。

TSON FUNDINGは投資家からは短期間で高利回りが良いと評判で人気化しております。

大切なことはTSON FUNDINGは儲かるから一極投資をするのではなく、

複数の不動産クラウドファンディング分散投資をしていくべきでしょう。

この記事を読んで利回りTSON FUNDINGで不動産投資を始めたいとおもったら

ぜひ会員登録&実投資をしてください。

※TSON FUNDINGへの会員登録は下記のバナーから手続きができます

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 

↓クリック、よろしければご協力をお願いいたします

にほんブログ村 通販ブログへにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ