< google-site-verification=egtZNNqKh1HOynz4dS1ABSSVbn2y5pzdWPPSFBTsFHE

LENDEXは危険⁉実投資・口コミから考察します

 

 

投資といっても金融商品はいろいろありますが、その中で「ソーシャルレンディング」は

他の金融商品に比べて儲からない?のが影響してか、

書籍やネット上で取り上げられることはほとんどありません。

ソーシャルレンディングの情報を得ようとするならば、調べられるサイトは限られてくるのですが、

ソーシャルレンディング事業者でもすこぶる評判が悪いのが「LENDEX」です。

LENDEXは危ないから投資しない方がいい‼記事でよく見かけるし、

ブログ・アフィーで案件紹介されることもほとんどありません。

私がLENDEXに投資してもうじき1年になります。

実体験した結果と口コミから分かったLENDEXの投資に向いている投資家の考察をします。

(目次)

1.LENDEXへ投資経緯と結果公表

それではLENDEXの実投資した経緯と結果について説明していきます。

①LENDEX投資への経緯

私がソーシャルレンディングに投資をはじめたのが2020年秋頃。

その頃からLENDEXという事業者名は知っていましたが、

当時の私はまだ初心者だったため、参考にしたサイトの言葉を信じて

LENDEXへの投資は控えておりました。それから半年後の2021年3月。

SBISLが新規取引停止を発表したので、次の事業者先に困っていた所で

LENDEXへの投資を決めました。

SBISLの運営会社は日本を代表するSBIホールディングス

SBISLがこのような事態が起きることは予測(注意喚起はあった)していなかったので、

参考にしたサイトの信頼性が揺らぎLENDEXへの投資を自己判断で決めました。

ただしこの時に自分ルールとして以下のことを決めました。

LENDEXへの最大投資額は1,000,000円まで。

私は基本1案件につき500,000円なので案件数は2本だけと決めました。

zaosi.hatenablog.com

事業者ごとの最高投資額を設定した理由は「事業者リスク」に対応するためです。

LENDEXへの最大投資額は2022年2月現在も変わっておりません。

②LENDEXの投資結果公表

私はこの1年間LENDEXへの投資派1,000,000円で運用してきました。

まず下の記事の2案件に投資をしましたが、早期償還が2件とも発生しました。

zaosi.hatenablog.com

LENDEXはデジポット口座を採用しているので、投資金額は投資家専用口座に残ります。

よって早期に次の案件に投資をしました。

つまり、この1年間投資資金1,000,000円をグルグル運用していました。

この諸条件を元に、1年間の投資結果を公表します。

分配金 56,421円(税込) 元本損失 0円

LENDEXの利回りは6~8%で高利回り、運用金額1,000,000円なのでこの分配金になりますね。

この分配金額は銀行に預けるよりはもちろん、

2022年からは米国の金利政策引き上げ、ウクライナ情勢などで市場価格が混乱している中での

アクティブ運用を考えれば実利益としては稼げている額だと私は思います。

まず大事なことは相手の意見を聞いても、自分で行動して判断することも大切だなと。

※LENDEXへの会員登録は下記のバナーから手続きができます。

LENDEX

2.LENDEXの投資に向いている投資家は?

TwitterなどのSNSではLENDEXの口コミは以下のようなのが見受けられました。

「投資していた案件が早期償還された~」

「LENDEXに投資して最初の分配金が振り込まれた」

「募集開始からわずか1分で売り切れた~」

「案件成立すればあとは完全放置でも利益がでるから楽~」

・LENDEXの応募状況

LENDEXの応募状況は案件にもよりますが、約数分で完売する傾向にあります。

ただしLENDEXは案件応募が定期的に提示されていますので、

一度チャンスを逃しても再度チャレンジする機会はいくらでもあります。

よってLENDEXへの投資操作になれてくれば、クリック合戦にかてるでしょう。

・早期償還が多い

LENDEXの運用期間はだいたい半年~1年間となっています。

ただし頻繁に早期償還が発生しているのが現状です。

本来であれば早期償還されるのは投資計画が狂ってしまうので、

投資家の考え方によってはデメリットにもなりますが、

LENDEXの場合は案件応募は定期的に発生しているので、

償還されても次の案件に即応募可能状態なので気になることはありません。

むしろ早期償還はOwnersBookのようなに案件応募が少ない、

クリック合戦がむごすぎて投資できない平均1か月に1案件、

デジポット口座ありの事業者の方が投資資金を拘束されてデメリットであると考えます。

・利回りが高いのでもらえる分配金が多くなる

LENDEXの利回りは平均6~8%なので、案件が成立して一定期間預けていれば

投資金額に応じてそれなりに分配金(利息収入)が発生します。

一般的に、株式などへの投資をする人で利益を出せるのは1割ほどと言われています。

つまり、9割ほどの人は不利益を被ってしまうといえますね。

それを考えればLENDEXの分配金支払いは毎月ですので安定的に資金流入するのは心強い‼

・今まで元本割れをしたことがない

1番注目すべきメリットは、今まで不利益を被った投資家がいないこと。

なぜなら、普通の投資は利益がでる可能性がある一方で、元本割れを起こしますよね。

2017年7月にサービスを開始してから、2022年の2月までの4年7ヶ月の間に、

LENDEXは貸し倒れを一度も起こしたことがありません。

そのため、損をした投資家が一人もいないのです。

また、利益が出るのが遅れたこともなく、必ず予め決められた時に利益を得られています。

・運営会社に不安がある

今までよい点ばかり書いていますが、不安な点もあります。

「LENDEX(レンデックス)」を運営する株式会社LENDEXが2020年12月期の決算ですが、

2020年12月期は2,772万円の赤字でした。

前期よりも赤字の金額を縮小していますが、まだ黒字化は達成していないことが分かります。

原因として最も大きな赤字の理由は2020年12月期も積極的な会員獲得施策を行ったためと公式発表されています。

また運営会社は未上場という点も、「危険」等の悪いイメージの代名詞となっています。

SBISLでは事業者リスクが発生しましたが、親会社であるSBIが損失をすべて肩代わりしました。

しかしこの対応は異例中の異例で、本来は投資家の損失を補填してはいけないことが原則とされています。

例え運絵会社が上場企業であっても全面的に投資家の損失すべてを補填する対応はしないでしょう。

3.LENDEXに投資に向いている方は?

以上の投資状況を踏まえLENDEXへの投資が向いている方は以下の通りです。

・短期間・高利回りで運用したい方

・アクティブ運用が苦手な方

・対クリック合戦の操作方法に慣れてきた方

・投資事業先に困っている方

・財務状況・運営会社の不安を度外視できる方

私はすべて当てはまっておりますね(^ー^)

今後のLENDEXへの投資ですが、クラウドバンク・CREALの運用額を減らす予定なので、

新規事業者への投資枠しだいではLENDEXへの最大投資額を500,000円引き上げる予定はしています。

財務状況に関しては毎年7月に公表されているようなので、2021年12月決算発表で、

赤字がどのように縮小しているのかが、今後の注視したいポイントと言えるでしょう。

もし赤字が逆に拡大しているようであれば、やっぱりLENDEXは危険?という声は高まるでしょう。

会員登録数については2022年2月時点で累計登録者数 14,679人なので順調に増えています。

LENDEXへの投資はどうするか?

口コミ等の他の方のご意見を参考に、最終的には読者様のご判断で決めてください。

以上、今回はLENDEXについて考察していきました。

※LENDEXへの会員登録は下記のバナーから手続きができます。

LENDEX

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

↓クリック、よろしければご協力をお願いいたします

にほんブログ村 通販ブログへにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ