< google-site-verification=egtZNNqKh1HOynz4dS1ABSSVbn2y5pzdWPPSFBTsFHE

TOMOTAQUの次なる案件を射止めてみせる❣

 

 

不動産クラウドファンディング事業には新規性があり、

国内市場も大きな成長が見込まれており、注目度は高です。

その中で不動産クラウドファンディング事業者のひとつである「TOMOTAQU(トモタク)」。

先日会員登録&案件応募をしました。

さて、その結果は…⁉

(目次)

1.TOMOTAQU案件結果のお知らせ

私はトモタクCF3号に応募しました。中身は以下の通りでした。

案件名:トモタクCF3号

募集金額:63,000,000円

運用期間:6か月

利回り:8.0%

出資額:10万円

応募期間:4月25日(月) 12:00 〜 5月9日(月) 10:00

応募方式:抽選方式

今回は利回りが高いということで資金を捻出して応募をしました。

最終応募率は229%になってしまい、競争率が激しい案件となりました。

募集期間締め切り後、応募された投資家に当落の可否が届きました。

この度は、トモタクCF3号へ抽選のお申込をいただき、誠に有難うございます。

ご応募いただきましたファンドにつきまして、

以下の通り、抽選結果のご連絡をさせていただきます

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【抽選結果】落選 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご希望に沿えず申し訳ございません。

久しぶりの抽選方式の募集結果は「落選」という結果になりました。

ただ問題なのはTOMOTAQUはデジポット口座を採用しており、

かつ案件応募するためには事前にデジポット口座に入金している状態でないとだめです。

そのため資金拘束リスクが発生します。

しかし、以下のような返事をTOMOTAQUからいただきました。

\次回抽選お申込で当選確率がUP/

システム上での公平な、一律の確率UPでございます。

次号、CF4号決定!その中身は…⁉

※TOMOTAQUへの会員登録は下記のバナーから手続きができます。

2.TOMOTAQUの事業者紹介

不動産クラウドファンディング事業者「TOMOTAQU」はどういう事業者?

皆さん気になりますよね、訳の分からん所に投資したくありませんよね?

そこでTOMOTAQU事業者のメリット・デメリットをご紹介していきます。

①TOMOTAQUのメリット

TOMOTAQUに投資するメリットとしては以下の通りとなります。

①リスク対策が充実している

不動産クラウドファンディングは優先劣後方式を採用しています。

投資家の安全性を向上させることが仕組みで、運営会社も一定割合投資をすることで、

もし運用が上手く行かなかった場合、まずは運営会社が損失を負は担します。

TOMOTAQUの商品は全て優先出資90%、劣後出資10%の優先劣後構造となっています。

②利回りが高く収益性が期待できる

TOMOTAQUはリニューアル期間であるため、高利回りとなっておりますが、

平均して利回りが6%台なので他不動産クラウドファンディング事業者と比べると利回りは高いです。

②TOMOTAQUのデメリット

TOMOTAQUに投資するデメリットとしては以下の通りとなります。

①投資元本の保証はない

不動産クラウドファンディングはある程度リスク対策をしておりますが、

それでも想定以上の損失がでた場合は投資家に損失の責務が生じます。

よって投資という金融商品である以上、法律的にも元本保証はありません。

②最低投資金額が高い

TOMOTAQUは最低投資金額が10万円と設定しています。

他不動産クラウドファンディング事業者の多くは最低投資金額は1万円なので、

少額投資を望んでいる投資家にとっては高いハードルだと思います。

それ以外のTOMOTAQUの事業者の特徴は以下の記事をご覧ください。

zaosi.hatenablog.com

3.まとめ

今回はTOMOTAQUの当選結果と事業者紹介をお伝えしました。

リニューアルしたばかりですが、多くの投資家に注目が集まっております。

私も今後の新しい投資策として「TOMOTAQU」を模索していきます。

※TOMOTAQUへの会員登録は下記のバナーから手続きができます。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

↓クリック、よろしければご協力をお願いいたします

にほんブログ村 通販ブログへにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ