< google-site-verification=egtZNNqKh1HOynz4dS1ABSSVbn2y5pzdWPPSFBTsFHE

ゴコウファンドの不動産投資はどうなの?評判・メリット・デメリットを解説

 

 

「不動産クラウドファンディング」という言葉を聞いたことがありますか?

不動産クラウドファンディング事業には新規性があり、国内市場も20年の市場規模850億円から

26年には1.5兆円へと大きな成長が見込まれており、注目度は高いです。

投資家の間でも「不動産投資型クラウドファンディング」の知名度と人気が上がってきています。

今回はその中でも投資家からかなりの注目をあつめている事業者

「ゴコウファンド」について評判・メリット・デメリットをお伝えします。

(目次)

1.ゴコウファンドで不動産投資をしよう!

この章ではゴコウファンドの不動産投資とはどんなものか?について紹介していきます。

①不動産クラウドファンディングとは?

ゴコウファンドは不動産クラウドファンディング事業者ですが、

初めて始めて聞く名前と思われた方は多いでしょう。

不動産クラウドファンディングは事業運営者が主体となって権利を小口化して販売する金融商品です。

2022年になり米国の金融政策による利上げ、インフレ抑制策、ウクライナ情勢で相場は大荒れです。

投資家の皆様は日々市場の値動きに神経をとがらせていませんか?

不動産クラウドファンディング一番のメリットとしましては、

市場相場に連動しないので元本が値動きがないことです。

これがこの金融商品の一番いい評判ですね。

以下の記事で不動産クラウドファンディングはどんな不動産投資かを紹介しております。

zaosi.hatenablog.com

②ゴコウファンドの特徴

ゴコウファンドの運営会社は「五黄不動産」という福岡県に本社を持つ不動産会社です。

本社が東京都もしくは近郊ではなく、地方都市というのは珍しいですね。

ゴコウファンドドのサービス開始時期は2020年12月ですので、

この記事を作成している2022年5月時点で運営期間は1年を超えていますね。

運営実績ですが、毎月複数の案件を募集しているので安定しているようにうかがえます。

2021年9月より電子取引業務の認可を受け、ゴコウファンドは

完全クラウドファンディング化となり、より使いやすくなりました。

五黄ファンドは賃貸物件のオーナーとして、賃貸収入を個人投資家に還元します。

③ゴコウファンドのファンド概要と分配金返還タイプ

ゴコウファンドでは「ファンド概要」と「分配金返還タイプ」が他事業者と違いがあります。

🔶ファンド概要**

大きく分けて3つに以下の3つに分類されております。

・プロジェクト型 元本一括返還タイプ

・優良資産(築浅案件)元利均等返還タイプ

・空き家ファンド 元利均等返還タイプ

🔶分配金返還タイプ

分配金返還タイプは以下の2種類です。

・元本一括返還タイプ

・元利均等返還タイプ

それぞれの仕組みの詳しい説明は以下の記事でご紹介をしております。

zaosi.hatenablog.com

2.ゴコウファンドに不動産投資するメリット

ゴコウファンドに不動産投資するメリットとしては以下のことがあげられます。

①景気に左右されにくい配当原資

ゴコウファンドは賃料による収益で安定した配当を実現いたします。

ゴコウファンドは、賃料を配当原資としているため株式投資や仮想通貨と比較して

変動が少なく、安定した配当を実現しています。

オフィス賃料は比較的安定していますが、株価は政治・経済・景気に大きく影響を受けます。

この特徴は不動産クラウドファンディング全般にいえるメリットですね。

②長期保有・長期運用で安定した収益

テナントとの長期賃貸借契約により、長期保有及び運用を基本とし、安定した運営を実現。

不動産の売却を配当原資とする他の不特法ファンドに比べて、

価格変動のリスクが少なく安定した運営を実現しております。

ゴコウファンドは案件ごとに最低契約期間が定められていますが、

その期間が過ぎても案件投資を続けることができます。

これが他不動産クラウドファンディングと大きな違いです。

またゴコウファンドは5年間などの長期投資ができるため、長期で投資したい方に向いています。

③利回り4%以上の高い利回り

五黄ファンドは4%以上、ファンドによっては7%などの想定利回りのファンドが募集されています。

銀行預金は長らく低迷している日本経済の影響で、超低金利が続いている状態なので、

銀行預金に預けるよりはゴコウファンドで運用した方が利益を得ることができます。

④最低投資額は1万円から

不動産クラウドファンディングでは少額で不動産投資ができることが魅力のひとつです。

ゴコウファンドでは最低投資金額1万円でご希望の期間に応じて出資金額が設定可能となっています。

⑤リスク対策が充実している

ゴコウファンドでは投資家の資産を守るため、優先劣後方式を採用しております。

ゴコウファンドでは購入金額の10%~40%程度を劣後出資しています。

賃料収入が下がっても劣後出資範囲内ならば、投資家に優先して分配金を支払います。

※ゴコウファンドへの会員登録は下記のバナーから手続きができます

ゴコウファンド

3.ゴコウファンドに不動産投資するデメリット

ゴコウファンドに不動産投資するデメリットとしては以下のことがあげられます。

①投資元本の保証はない

不動産クラウドファンディングはある程度リスク対策をしておりますが、

それでも想定以上の損失がでた場合は投資家に損失の責務が生じます。

よって投資という金融商品である以上、法律的にも元本保証はありません。

②運営企業が非上場

ゴコウファンドの運営企業である株式会社五黄不動産は、上場企業はしておりません。

不動産クラウドファンディングでは信頼性を保つ項目の一つとして「上場企業」がひとつの基準なので、

上場企業に投資したい、という方はゴコウファンドへの投資は避けた方がよいかもしれません。

4.ゴコウファンドの評判・実投資の状況は?

前章までゴコウファンドの特徴・メリット・デメリットをご紹介してきました。

①ゴコウファンドの評判はどうなの?

そこで気になるのが、ゴコウファンドの評判ですよね。

実際の生の声、投資家達の評判は気になりますよね!

評判としましては、

評価されている点は「先着方式だけどクリック合戦気にせず投資できた」

「長期投資したいからちょうどよかった」

評価されていない点は「ファンドの概要が難解すぎてわかりづらい」

「マイページが分かりづらい」 

といった点でしょうか?

②ゴコウファンドの不動産投資状況

ゴコウファンドについて紹介しておりますが、では私はどういった投資状況か?

ゴコウファンドへの投資は2022年1月から開始しております。

私がゴコウファンドに投資をするきっかけはCREALへの新規投資をやめて、

長期保有・長期投資ができるということで、新しい投資先として選んだのがゴコウファンでした。

現在の所1,000,000円で運用しております。

zaosi.hatenablog.com

2022年5月時点では、ゴコウファンドの分配金ですが、毎月分配金がもらえるため、

2022年5月段階では8,298円となっております。

zaosi.hatenablog.com

5.まとめ

今回は不動産クラウドファンディング事業者「ゴコウファンド」の

評判・メリット・デメリットについて紹介しました。

ゴコウファンドはテナントとの長期賃貸借契約により、長期保有及び運用を基本としているので、

長期保有・運用をする投資家から注目を集めております。

大切なことはゴコウファンドは儲かるから一極投資をするのではなく、

複数の不動産クラウドファンディング分散投資をしていくべきでしょう。

zaosi.hatenablog.com

この記事を読んでゴコウファンドで不動産投資を始めたいとおもったら

ぜひ会員登録&実投資をしてください。

※ゴコウファンドへの会員登録は下記のバナーから手続きができます

ゴコウファンド

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 

↓クリック、よろしければご協力をお願いいたします

にほんブログ村 通販ブログへにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ