< google-site-verification=egtZNNqKh1HOynz4dS1ABSSVbn2y5pzdWPPSFBTsFHE

AGクラウドファンディングの評判はどうなの?徹底解説

 

 

ソーシャルレンディングクラウドファンディングの一種であり、

出資をしたい投資家と貸付を受けたい企業側のマッチングサービスです。

日本国内においても市場規模は年々拡大しています。

今回ご紹介するソーシャルレンディング事業者は

運営会社が東証プライム市場に参加している企業となります。

(目次)

1.AGクラウドファンディングの特徴

今回はAGクラウドファンディングについてご紹介をしていきます。

サービス開始時期は2021年9月で半年は経過しました。

運営会社は東証プライム市場に参加している「アイフル」の100%子会社が運営しています。

アイフルと言えば無担保ローン事業(消費者金融)のイメージが強いのですが、

クレジット事業(ライフカード)や信用保証事業にも力を入れています。

AGクラウドファンディングは第二種金融商品取引業者として、

貸付型ソーシャルレンディングサービスサイトを運営しております。

AGクラウドファンディングは3つのポイントがあります。

①プライム市場上場アイフルグループ

東証プライム市場に上場しているため、厳しいコンプライアンス基準に基づいて事業を運営しています。

②50年以上の貸金業のノウハウ

アイフルグループは50年以上の貸金業の経験を有しております。

③1万円から投資可能

1万円から投資ができるので、気軽に始めることが可能です。

2.AGクラウドファンディングのメリット

AGクラウドファンディングに投資するメリットについていくつかご紹介します。

①安全性が極めて高い

ソーシャルレンディングでは元本の未償還や分配金の不払いが起こるケースもあり、

最近ではOwnersBookが延滞の案件が発生しましたが、

AGクラウドファンディングの貸付先は親会社であるアイフルなので安心感が違います。

②少額から投資ができる

ソーシャルレンディングの特徴としては少額投資からはじめることです。

AGクラウドファンディングも最低投資額は1万円からはじめることができます。

はじめたいのだけど不安がある、という投資家でも

まずはお試しで少額投資をして、手ごたえを感じたら本格的に投資してみましょう。

③多様なファンド生成が期待できる

AGクラウドファンディングは当初貸付先がアイフルグループだけでしたが、

最近は不動産担保ローンファンドが開始されました。

利回りも新ファンドで一気に向上したので、今後の動向に注目していきたいですね🎵

※AGクラウドファンディングへの会員登録は下記のバナーから手続きができます。

AGクラウドファンディング

3.AGクラウドファンディングのデメリット

AGクラウドファンディングに投資するデメリットについていくつかご紹介します。

①利回りが低い

他のソーシャルレンディング事業者は3~5%が多い中、

AGクラウドファンでイングはアイフルグループ向けとなると利回り1.30%付近と少ないです。

貸付先がアイフルグループであるため安心感という面では仕方がないのですが、

投資家としては少しでも利回りがいい所に投資したいですよね。

②途中解約できない

ソーシャルレンディング及び不動産型クラウドファンディング全般に言えるデメリットです。

案件ごとに定められた運用期間が終了しなければ資金は拘束され利用することはできません。

しかしAGクラウドファンディングの案件は運用期間が6か月~12ヶ月と比較的短いので、

資金拘束デメリットはそれほど気にならないかもしれません。

③出金時に手数料が発生する

AGクラウドファンディングでは、資金を銀行に引き出す時には出金手数料が必要となります。

AGクラウドファンディングは利回りが低いので出金手数料は気になりますよね。

対策としてはGMOあおぞらネット銀行の口座開設をして利用するのも手でしょう。

4.AGクラウドファンディングの評判は?

前章まではAGクラウドファンディングの特徴をご紹介しましたが、

実際の生の声、投資家達の評判は気になりますよね!

評判としましては、

評価されている点は「運営会社が東証プライム市場だから安心」「特典が嬉しい」 

悪い点は「利回りが低すぎる、他がいい」でしょうか。

AGクラウドファンディングの案件動向を見ておりますと、

アイフルファンドの募集金額は1~2億円であるため、最近は満額に到達しなくなっていますが、

それでも応募金額は一定期間で数千万円も集まっているのはすごいですね。

今後は多種多様なファンドが登場すれば、投資家達の評判もさらに向上していくでしょう。

5.まとめ

今回はソーシャルレンディング事業者「AGクラウドファンディング」について。

特徴、メリット、デメリット評判、直近の傾向について解説していきました。

運営開始時期が2021年9月であるために実績は他事業者と比べて乏しいですが、

運営会社が東証プライム市場ということで、今後もさらに会員数を伸ばしていくでしょう。

銀行に預けても雀の涙にも満たない金利に期待するより、

ソーシャルレンディングで運用して投資資金を増やすことをご検討してみてはいかがでしょうか🎵

※AGクラウドファンディングへの会員登録は下記のバナーから手続きができます。

AGクラウドファンディング

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

↓クリック、よろしければご協力をお願いいたします

にほんブログ村 通販ブログへにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ