< google-site-verification=egtZNNqKh1HOynz4dS1ABSSVbn2y5pzdWPPSFBTsFHE

売れる、売れない大型案件の違いは何か⁉

 

 

売れる商品、売れない商品の違いは何か⁉

商品を販売する側とすれば、もし商品が売れない場合はなぜか原因を追究して改善をしていきます。

それがマーケティングですよね。売れない商品をいつまで棚に置いておいても仕方がない。

それはソーシャルレンディング&不動産クラウドファンディングも一緒。

募集した案件の集まり具合を事業者はいつも気にしております。

そこで、今回は大型案件に着目して売れる、売れない原因を考察していきます。

(目次)

f:id:zaosi:20220321164619p:plain

1.売れる、売れない大型案件の実例

まずは売れる、売れない大型案件の実例をご紹介していきます。

実例は2022年3月に案件提示された複数の事業者で比較していきますね。

①売れる大型案件

売れる大型案件の実例は2事業者あげさせていただきます。

クラウドバンク

まずはソーシャルレンディング事業者の代名詞「クラウドバンク」です。

クラウドバンクという絶大な知名度で募集開始時刻から激しいクリック合戦で投資できないという声多数でした。

そこでクラウドバンクは改善策として一部の案件を抽選方式に変更することになりました。

クラウドバンクとしては多様な募集の方法の採用についての声があったとのことです。

zaosi.hatenablog.com

実例で太陽光案件の先着方式を掲載します。

f:id:zaosi:20220321153605p:plain

ほぼすぐ埋まってしまいますね。

募集開始時刻に待機しないと投資できないはこの金融商品を始めたばかりの初心者には厳しすぎる。

②CREAL

続きましてはCREALです。

CREALといえば毎回、数億円の大型案件が登場します。

数億円規模の大型案件が登場すれば、多少の時間的余裕があると誰もが思うでしょう。

しかし2021年秋ごろからは数億円規模でも数時間、ひどいときは1時間以内で売り切れになることが多々です。

zaosi.hatenablog.com

最新案件である「LIFEED CREAL広尾」は完売まで19時間だったそうですが、

それ以前の案件は20分以内~3時間の幅で募集金額に達して完売となりました。

①売れない大型案件

それでは売れない大型案件の実例は3事業者あげさせていただきます。

①TSON FUNDING

募集開始が2022年3月2日からでしたが、当初の締め切り日に募集金額に達しなかったので、

再延長ということで、再度募集をしていますが、70%しか応募が集まっておりません。

zaosi.hatenablog.com

締め切り日までのこり2日今後の対応はどうするのでしょうかね?

f:id:zaosi:20220321161459p:plain

※TSON FUNDINGへの会員登録は下記のバナーから手続きができます

②ASSECLI

続いてはASSECLIです。

こちらもCREAL同様、2021年秋ごろからクリック合戦が激しくなってきました。

特に記念となった2021年10月に募集された案件は数十秒単位で満額と瞬殺でしたからね。

zaosi.hatenablog.com

そんな、ASSECLIも20号案件は2億円と今までで最大の募集金額の案件を提示しましたが、

数日経過して73%の募集金額で止まっていますね。今までのASSECLIのペースだとあり得ません。

f:id:zaosi:20220321161710p:plain

※ASSECLIへの会員登録は下記のバナーから手続きができます

ASSECLI(アセクリ)

③大家.どっとこむ

大家.どっとこむの案件の特徴としては募集金額はほぼ5千万円以下の少額案件ばかりでしたが、

36号案件はASSECLIと同じく2億円を超える案件を提示しました。

この記事を作成している時間では募集開始時刻から4時間経過していますが、37%しか埋まっておりませんね。

f:id:zaosi:20220321161422p:plain

このままの勢いでしたら、募集開始から一日を超えるのは間違いないでしょう。

※大家.どっとこむへの会員登録は下記のバナーから手続きができます

大家.com

2.売れる、売れない大型案件の違いは?

売れる大型案件の事業者では「クラウドバンク」「CREAL」 です。

売れない大型案件の事業者は「TSON FUNDING」「ASSECLI」「大家.どっとこむ」です。

この両者の違いは何でしょうか⁉

それはズバリ… 事業者の知名度の差 です。

クラウドバンクとCREALのサービス開始時期はかなり古いので知名度や経験は抜群です。

一方「TSON FUNDING」「ASSECLI」「大家.どっとこむ」はサービス開始時期から2年も経過しておりません。

この事業者の知名度の差が数億円規模の大型案件の売れ行き具合の命運を分けています。

ただし重要なことはこれは2022年3月時点でのお話です。

「TSON FUNDING」「ASSECLI」「大家.どっとこむ」もサービスを継続していけば、

いずれはCREAL級の事業者として知名度になるかもしれません。

そうなればまた情勢は変わっていきます。

事業者としては喜ばしいことですが、投資家としては厳しい戦いになりますね。

3.まとめ

私は投資環境の現在(いま)を考察するという記事をご紹介しました。

現在のところ、「ASSECLI」「TSON FUNDING」「COZUCHI」ですね。

zaosi.hatenablog.com

zaosi.hatenablog.com

zaosi.hatenablog.com

このシリーズをはじめた理由としては

ソシャレ&クラファンは刻一刻と事業者ごとに案件応募環境が変わってきているから流れを把握する必要があるからです。

把握する理由は決められた募集期間、募集金額でしか応募できないからです。

これを把握していないと応募にすら参加できません。

よって読者様にできうる限り投資動向をお伝えしております。

これからも案件に応募していなくても投資動向を注視してご紹介していきますね。

↓クリック、よろしければご協力をお願いいたします

にほんブログ村 通販ブログへにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ