< google-site-verification=egtZNNqKh1HOynz4dS1ABSSVbn2y5pzdWPPSFBTsFHE

楽天経済圏を支える各事業・サービス一覧

 

 

楽天経済圏とは、生活のさまざまなシーンを楽天グループのサービスの利用に寄せることで、

楽天ポイントを効率的に貯めたり、運用したりできるサイクルのことです。

利用するサービスを楽天に統一することで効率的に楽天ポイントが貯まり、

貯まったポイントを家計の節約にも繋げやすくなります。

楽天グループのサービスは市場を中心として、金融・通信・書籍・旅行・保健・美容等があります。

その中でもSPUと呼ばれるポイントアップサービスがあり、

各条件を満たせばポイントを獲得できる倍率が上がり楽天ポイントを多く貯められます。

今回はSPUを対象としたのも含めて楽天事業サービスをご紹介したまとめ記事です。

(目次)

f:id:zaosi:20220129215023p:plain

1.楽天銀行

楽天経済圏の二大聖域の一つである「楽天銀行」。

元は楽天が設立したのではなく、楽天の事業拡大のために

当時のイーバンク銀行楽天が買収して子会社化しました。

最大の特徴はなんといっても楽天ポイントが貯まる、他社銀行より高金利ですね。

楽天銀行は以下の記事で詳しく掲載しています。

zaosi.hatenablog.com

2.楽天証券

楽天証券という名はネット証券をやっている人ならば誰もが聞いたことありますよね。

ネット証券ではSBI証券会社と共に楽天証券会社の2強状態と一部では言われています。

楽天証券では「国内株式」「海外株式・ETF」「投資信託」「楽ラップ」「債券」「先物・オプション」

「海外先物取引」「FX」「外国為替」「保険」のサービスを幅広く取り扱っております。

また楽天経済圏の二大聖域のひとつが「楽天証券」です。

楽天証券は以下の記事で詳しく掲載しています。

zaosi.hatenablog.com

3.楽天ブックス

楽天ブックスとは、楽天株式会社ブックス事業部が運営するオンライン書店です。

書籍、CD、DVD、BD、ゲームソフトなどの販売・予約を行っております。

メリットは楽天ポイントが貯まって、割引クーポンが豊富なことでしょうか?

書籍というのは老若男女問わず、一般大衆の娯楽であり楽天においても主力事業です。

楽天ブックスは以下の記事で詳しく掲載しています。

zaosi.hatenablog.com

4.楽天ひかり

楽天ひかりはNTT東日本/NTT西日本フレッツ光回線と楽天との「光コラボレーション」です。

光回線の速度はそのままに楽天独自のサポートを受けることができます。

楽天モバイルが提供する全国エリアのサービスです。

楽天ひかりは月額使用料金が安く楽天SPU対象なので、楽天ポイントがたまりやすく楽天経済圏の方にはお得です。

Ipv6にも対応し通信品質も向上したので、快適にインターネットを利用できます。

楽天ひかりについては以下の記事で詳しく掲載しています。

zaosi.hatenablog.com

5.楽天モバイル

携帯大手3社に対抗しようとして始めたのが「楽天モバイル」事業です。

規模を徐々に拡大しつつありますが、楽天モバイル事業への莫大な投資により、

その赤字分を他の楽天経済圏のサービス改悪で補っている状況です。

楽天経済圏をより深く探求したい方は、SPU付与の点から楽天モバイルは必須状況といえるでしょう。

楽天モバイルは以下の記事で詳しく掲載しています。

zaosi.hatenablog.com

6.まとめ

今回は楽天経済圏を支える各事業・サービスについてまとめ記事としてご紹介をしました。

今後も楽天経済圏の各事業・サービスをご紹介していきます。

2021年は楽天経済圏の改悪が相次いでいますが、

それでも各経済圏に比べればトップの地位は揺るぎないと私は考えています。

↓クリック、よろしければご協力をお願いいたします

にほんブログ村 通販ブログへにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ