< google-site-verification=egtZNNqKh1HOynz4dS1ABSSVbn2y5pzdWPPSFBTsFHE

CREALへの配当状況と今後の投資方針について

 

 

私がソシャレ&不動産クラファンを始めて1年半が経過しました。

始めた当初から投資をしている事業者「CREAL」

当時は魅力的な案件がとても多かったのですが、

最近は「一棟レジテンス」ばかりになってしまいましたね。

最近読者間からこんなお問い合わせがありました。

「本当にCREALに投資をしているのか?」

うん、確かに今までCREALの実投資状況を当ブログで公表していませんでした。

CREALも新案件の応募が近づいているので、今回はCREAL特集です。

(目次)

f:id:zaosi:20220225225642p:plain

1.CREALへの今後の投資方針について

CREALへの1年半の実投資を公表する前に当ブログでのCREALの記事を振り返ってみました。

そうしましたら単独記事は2021年12月11日以来でしたね。

zaosi.hatenablog.com

昨年秋頃まではCREALへの投資をやめようか迷いながらも投資先の確保先が見つからなかったので、

投資をしていましたが、早期償還案件が多くなり投資額はピーク時より半減以下となりました。

①CREALの現在の実投資状況

現在の所、CREALに投資している案件は以下の通りです。

・Rakuten STAY Naha Ti-da  投資金額 500,000円

・上野オフィスプロジェクト  投資金額 500,000円

・Rakuten STAY 富士河口湖駅 投資金額 350,000円

・CREAL綿糸町    投資金額 500,000円

合計4案件1,850,000円です。

うちホテル案件は2件です。新型コロナの影響で一番打撃を受けている旅行関係業界。

OwnersBookでも大阪市中央区ホテル素地ファンドの利息支払い停止が発表されました。

政府は新型コロナウイルスの水際対策を3月から緩めると表明しました。

外国人の新規入国を観光を除き順次認め、入国者総数の上限を変異型「オミクロン型」対策をとる前の5000人に戻す。

5000人、たった5000人なんですよね。特に沖縄は外国人観光客で賑わっておりますからね。

②CREALに代わる投資先候補は?

CREALへの投資をやめる理由は財政基盤の危険性と劣後割合5%が続いている、

また早期償還が多く計画通りに運用ができない、というのが主な理由です。

ではCREALの代わりとなる投資先事業者はどこにするのか?

まず前提条件として私の投資方針をご説明します。

私は家族分も含めて3口座で投資先を分けております。

詳しい使い分けはこちらの記事にご紹介しています。

zaosi.hatenablog.com

CREALに投資している口座は私がけっこんまえから保有している私の口座です。

私の口座は以下のソシャレ&不動産クラファン事業者に投資をしています。

夫口座投資事業者

クラウドバンク CREAL LENDEX ASSECLI BATSUNAGU COOL ゴコウファンド

このうちCREALの代わりの事業者先は 「ゴコウファンド」 です。

ゴコウファンドは先着方式・デジポット方式の事業者です。

ゴコウファンドを推している理由は以下の通り。

・運用期間を自分で選ぶことができる

・クリック合戦が発生せず、自分の好きなタイミングで投資ができる

・テナントとの長期賃貸借契約により、長期保有・運用で安定した収益を基本とした運営のため

・九州と関西を中心とした物件に投資できる(関東圏中心ではない)

zaosi.hatenablog.com

※ゴコウファンドへの会員登録は下記のバナーから手続きができます。

ゴコウファンド

ASSECLIは私の有力な投資先でしたが、2022年2月25日(金)の案件応募で投資成立しました。

そのため1事業者の最大投資額の上限に達しましたので、これ以上は投資はしない方針です。

zaosi.hatenablog.com

2.CREALの配当状況

それでは私のCREALの配当状況をご紹介します。

今までのCREALの総分配金として 75,550円(税込) です。(※2022年2月現在)

当資金額の範囲は1,500,000円~3,500,000円の範囲で今まで運用してきました。

CREALのHPでは「今後1年の配当予定」が掲載されています。

私の場合は4月に32,699円となっています。

これは「Rakuten STAY Naha Ti-da」の最初の分配金支払いのため多額となっています。

私のソシャレ&不動産クラファンでは事業者別分配金配当実績は、

1位クラウドバンク 2位COZUCHI に次いで 3位CREALとなっています。

3.CREALの新案件紹介

それでは2022年3月1日に案件応募の概要をご紹介します。

案件名:Hmlet CREAL高円寺

募集金額:46,600万円

利回り:4.5%(インカムゲイン1.6%、キャピタルゲイン2.9%)

運用期間:12か月

募集期間:2022年3月1日20:00~2022年3月14日20:00

最小投資金額:1万円

優先劣後割合:5%

備考:※2022年中に早期償還の可能性あり

概要:

Hmlet Japan株式会社が運営している案件になります。

新宿へのアクセスが良好な「高円寺」エリアに所在する新築レジデンスです。

f:id:zaosi:20220226063422p:plain

今回の案件も最近の傾向と同じで「早期償還の可能性あり」「優先劣後割合は5%」です。

クリック合戦については早くても数分はかかるでしょうから、募集開示時刻である20:00前に

案件応募できる態勢をしていれば、投資成立は可能であると考えます。

私はもちろん今回の案件には参加しません。

4.まとめ

以上、今回は久々のCREAL単独記事となりました。

CREALはソシャレ&不動産クラファンを始めたばかりの初心者向けの方には最適の事業者だと思います。

私は一年半この金融商品を実体験して、こういう投資方針でいきたい、高金利がいいとか

思惑が変わっていって、その考えに近い事業者に投資するようになってきましたね。

CREALへの実投資が終了するまでは、今後も動向について随時お伝えしていきます。

※CREALへの会員登録は下記のバナーから手続きができます。

CREAL

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 

↓クリック、よろしければご協力をお願いいたします

にほんブログ村 通販ブログへにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ