< google-site-verification=egtZNNqKh1HOynz4dS1ABSSVbn2y5pzdWPPSFBTsFHE

市場暴落なんて関係ねー‼クリック合戦攻略法を見て勝利せよ‼

 

 

2022年2月24日、ついにロシアがウクライナに軍事侵攻しました。

この一報は世界に衝撃を与えているでしょう。

もちろん市場も動揺するでしょう、確実に株式、暗号資産は暴落。

原油・金などの先物資産は一気に高騰するでしょう。

今後の戦争の行方がどうなるかは現在のところ分かりませんが、

ソシャレ&不動産グラファンは世界の金融市場とは無縁の金融商品です。

案件成立→償還すれば約束された利回りで分配金が支払われます。

地味だけどコツコツ長年続けば、かなりの複利効果を得ると思います。

今回ご紹介する不動産クラウドファンディングは…どこか⁉

(目次)

f:id:zaosi:20220223064542p:plain

1.ASSECLIの案件紹介

今回は不動産クラウドファンディングである「ASSECLI」

サービス開始時期が2019年10月から2年が経過しましたが、

2022年2月に19号目となる案件が告知されました。

その内容について最新案件の概要をご紹介します。

案件名:埼玉県桶川市#19ファンド

募集金額:7,200万円

利回り:6.0%

運用期間:12か月

募集期間:2022年2月25日18:00〜 2022年3月1日23:59

募集方式:先着方式

優先劣後割合:10%

最低投資額:1万円

概要:

本物件はJR高崎線「桶川」駅の近くの建物となります。

前所有者のご都合により賃貸募集を行っていなかった為、現時点では空室が目立ちますが、

戸数分の駐車場も確保された人気のメゾネットタイプです。

子育て世帯からの賃貸需要が高く、建物状態も良好な物件を取得・運用致します。

保有期間の家賃収入・売却時の売却益を原資とし、ご出資頂いた金額に応じて分配致します。

f:id:zaosi:20220223064412p:plain

2022年1月14日に実施されたお年玉案件以来の今年2回目の案件となります。

ASSECLIの公式HPの新着情報の欄に掲載されておりますが、

17号、18号案件は募集開始からわずか1分で資金調達(売り切れ)となっております。

つまり激しいクリック合戦が発生しております。

19号案件はどのような状況になるかは定かではありませんが、数分で完売するだろうと予想しております。

今までのASSECLIの投資動向については下記の記事をご欄ください。

zaosi.hatenablog.com

ASSECLIのクリック合戦の攻略法については下記の記事をご欄ください。

zaosi.hatenablog.com

今回の案件は「空き室が目立つ」とのことで、この点については投資する際は注意すべき点です。

ちなみにCOZUCHIでは数日後に新案件を提示しますが、

こちっらは「空き室対策として」マスターリース契約を行っています。

マスターリース契約とは第三者が一括して借り上げを行うことで空室の有無に関わらず、安定した賃料収入を得ることができます。

リスク対策としてはCOZUCHIの方が優れている、と言わざる負えません。

今回のASSECLIの案件の優先劣後が10%なのでリスクを避けたい方は投資は見送ったほうがよいと思います。

私は空き室リスク関係なしに今回の案件には参加します。

※ASSECLIへの会員登録は下記のバナーから手続きができます。

ASSECLI(アセクリ)

2.ASSECLIの事業者紹介

ASSECLIのメインワードは「1万円から始める新しい資産運用のカタチ」です。

「ASSECLI」は、投資家からの出資金額を基に不動産事業を行い、対象不動産から得られる賃料や売却益を皆様に還元する、

不動産投資型クラウドファンディングです。

少額から様々な不動産へ投資が可能な、新しい資産運用のカタチです。

f:id:zaosi:20220223070554p:plain

①ASSECLI投資のメリット

ASSECLIへの投資のメリットについてご紹介していきます。

①高利回りである 不動産グラファン事業者は投資家への認知度が高まると利回りを徐々に切り下げる傾向にありますが、

ASSECLIは当初の高金利を維持したまま平均6%~7%の間で案件提示をしてくれます。

高利回りが好みの投資家にはASSECLIは最適の投資先でしょう。

②優先劣後を採用 不動産クラウドファンディングの多くは物件価格の値下がりが起きた場合、損をすることになりますが、

まずは事業者が負担して投資家の被害を軽減するという方式です。

ASSECLIの場合は20~30%の範囲となっています。投資家の元本損失を可能な限り防ぐ対策をしております。

②ASSECLI投資のデメリット

ASSECLIへの投資のデメリットについてご紹介していきます。

①早期償還が発生しやすい 案件募集当時は運用期間が定められておりますが、それより前に早期償還されることがあります。

私の経験ではASSECLIには7件案件成立しましたが、そのうち2件は早期償還されました。

zaosi.hatenablog.com

②先着方式のためクリック合戦発生 上記でもご紹介しましたが、最近の傾向では募集開始からわずか1分くらいで

案件が売り切れます。初心者の方は慣れないとクリック合戦にかなり戸惑われますのでご注意ください。

詳しいASSECLIの事業者紹介については下記の記事をご欄ください。

zaosi.hatenablog.com

3.まとめ

以上、今回は久しぶりのASSECLI情報についてお伝えしました。

私が投資している事業者でASSECLIは主力先となっているので、読者の皆様にお薦めしています。

冒頭でお伝えしましたが、戦争になって市場暴落しても不動産クラファンには一切影響がありません。

こういう時期こそこの金融商品ほど適したのはないと考えております。

※ASSECLIへの会員登録は下記のバナーから手続きができます。

ASSECLI(アセクリ)

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 

↓クリック、よろしければご協力をお願いいたします

にほんブログ村 通販ブログへにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ