< google-site-verification=egtZNNqKh1HOynz4dS1ABSSVbn2y5pzdWPPSFBTsFHE

【全面戦争】楽天経済圏 vs PayPay経済圏(前編)【二者択一】

 

 

ある1つのポイントを活用できる複数のサービスのことを「経済圏」と呼んでいます。

今や様々な経済圏がありますが、筆頭はなんといっても「楽天経済圏」ですよね。

しかし楽天モバイル事業への投資補填のためか、改悪が続いております。

そんな楽天王国を揺るがすかもしれない新たな経済圏、それが「PayPay経済圏」です。

今回はこの2つの経済圏をささえる「専用カード」について比較・検討していきたいと思います。

(目次)

1.PayPay経済圏、反撃の狼煙

みなさんはこの報道をご存じだろうか⁉

2021年11月30日付けで日本経済新聞が以下のように報じました。

「ヤフー親会社のZホールディングス(HD)が年内にも新たなクレジットカード「PayPay(ペイペイ)カード」の発行を計画している」

これは完全に楽天経済圏に殴り込む、楽天グループ等と顧客獲得競争が激化すること間違いなしです。

①PayPay(ペイペイ)カードの紹介

それではPayPay(ペイペイ)カードの特典等についてご紹介していきます。

2021年12月よりPayPay(ペイペイ)カードの募集がはじまりました。

クレジット加盟店に加え、PayPayと連携することでPayPayアプリでも利用可、カード番号を他人に見られる心配が無く安心して使えます。

キャッシュレス決済サービス「PayPay」で利用できる「PayPayボーナス」が貯まりお得です。

②PayPay(ペイペイ)カード新規入会特典

🔶PayPayカード新規入会で2,000円相当PayPayボーナス付与

🔶申込月を含む2ヶ月目の末日までに3回カード利用で5,000円相当PayPayボーナス付与

③PayPay(ペイペイ)カードの特徴

🔶PayPay(ペイペイ)カードでのお買い物100円につき1円相当のPayPayボーナスがもらえます。(例外あり)

f:id:zaosi:20211212212011p:plain

🔶Yahoo!ショッピングでお買い物をするとら3%付与されます

f:id:zaosi:20211212212202p:plain

🔶PayPayでのPayPayカード決済で1%戻ってきます。

 ただし期間は2021年12月1日~終了日未定。終了時は2カ月前告知されます。

f:id:zaosi:20211212212323p:plain

④ヤフーカードの扱いはどうなる?

ヤフーカードは、これまで通りご利用いただけますが、

2022年4月以降、順次新しい「PayPayカード」への切り替えを予定しているそうです。

詳しくは下記のサイトをご覧ください。

PayPayカード切替案内サイト - Yahoo!カード

2.楽天カード

PayPay経済圏がPayPay(ペイペイ)カードを新規発行するのであれば、

楽天経済圏はJCSI(日本版顧客満足度指数)調査におけるクレジットカード部門で13年連続でNo1に選ばれた「楽天カード」があります。

誰もが「楽天カード」の名称は知っているでしょうが、あらためて特徴についてご紹介していきます。

楽天カードの紹介

楽天カードは「楽天グループ」が発行しているクレジットカードです。

楽天市場楽天銀行楽天証券楽天トラベルなど楽天関係のサービスは多岐に及び、

それぞれで楽天カードを使うとさらにメリットを得ることができます。

楽天カードは「日本版顧客満足度指数調査」で、2009年から連続12年クレジットカード部門での顧客満足度1位に輝いています。

20年度の調査では、「知覚価値(コストパフォーマンス)」「ロイヤルティ(将来への再利用意向)」でも1位を獲得し、

多くの利用者から評価されているカードです。

楽天カードの特徴

楽天カードの特徴は以下のことがあげられます。

🔶年会費は永年無料であること

🔶ポイント還元率は「1%」です。カード決済金額に対して原則1%(100円につき1ポイント)の楽天ポイントが貯まります。

🔶楽天ポイントカード楽天Edyと一体型である

楽天カードのメリット

楽天カードのメリットは以下のことがあげられます。

🔶楽天カードは、「楽天ポイントカード」としても使えます。

 楽天ポイントの加盟店で提示すると、加盟店ごとの還元率設定に従ってポイントが貯まる仕組みです。

🔶楽天ペイや楽天Edyでキャッシュレス決済ができます。

 楽天ペイでは、楽天カードからのチャージで0.5%、楽天ペイの利用で1%と合計1.5%が還元されます。

🔶楽天市場楽天カードを使うとポイント還元率がアップします。

 楽天会員で「1%」の還元ですが、楽天カードは「クレジットカードの1%還元」と

 「楽天市場での楽天カード決済による1%還元」が追加され、還元率は「3%」です。

🔶楽天カードでは頻繁に入会キャンペーンのポイントプレゼントを行っています。

 ポイントは期間によって3,000ポイントや5,000ポイントとまとまっていただけるので非常にありがたいです。

 楽天カードのキャンペーンは時期によって内容が違うので、その都度確認してくださいね。

楽天カードのデメリット

楽天カードのメリットは以下のことがあげられます。

🔶楽天カードは追加カードとしてETCカードを発行できますが、年会費は通常「550円(税込)」です。

 ただし、年会費無料条件を達成していると、コストはかかりません。

🔶クレジットカード料金の利用明細書は「紙明細の郵送」であれば、月額84円(税込)の発行手数料がかかります。

🔶楽天カードの問い合わせ窓口である「楽天コンタクトセンター」は、「ナビダイヤル」対応のため、

 発信側の通信方法にかかわらず、固定の料金が発信者にかかるサービスです。

🔶楽天カードを契約すると、メールマガジンやキャンペーン情報など本当にたくさん嫌になるほどメールが届きます。

🔶キャンペーンで貯まるのは期間限定ポイントであり、有効期限が決まっているため少々使いづらい面はあります。

3.まとめ

今回は「楽天」と「PayPay」の2大経済圏を支えるカードについて解説をしました。

2021年12月から新規にPayPay(ペイペイ)カードが登場したため、競争が過熱すること間違いなしです。

【全面戦争】楽天経済圏 vs PayPay経済圏【二者択一】の(後編)は

2つの経済圏のサービスについて比較・検討していきたいと思います。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 

↓クリック、よろしければご協力をお願いいたします

にほんブログ村 通販ブログへにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ