< google-site-verification=egtZNNqKh1HOynz4dS1ABSSVbn2y5pzdWPPSFBTsFHE

地方創生をテーマに!日本家屋再生案件

 

 

今回は不動産投資型クラウドファンディング事業者である「BATSUNAGU」について。

約4か月ぶりに新案件が告知されましたので、内容をご紹介していきます。

f:id:zaosi:20220118015836p:plain

(目次)

1.BATSUNAGUの新案件について

それではBATSUNAGUの新案件についてご紹介していきます。

案件名:千葉市 竹林のある日本家屋・山林 再活用ファンド

募集金額:16,000,000円

利回り:7%

運用期間:12か月

応募方式:先着式

募集期間:2022年1月17日9:00~2022年2月19日23:59

最小出資金額:10,000円

概要:

地方創生 基地づくりファンド 第三弾-千葉市 竹林のある日本家屋・山林 再活用ファンドです。

千葉市に位置する風情を感じる竹林のある日本家屋を中心に山里の集落を再活用していこうというファンドです。

施設体験や自然探検、オルタナティブ教育等を通じて

身体・心・栄養が健やかで 感性豊かに自然と文化に触れる大人と子供を増やすことを目指しているそうです。

f:id:zaosi:20220107225250p:plain

この案件については2021年12月募集開始でしたが、1か月延長して案件募集ということになりました。

zaosi.hatenablog.com

募集金額の割に応募期間が1か月とかなり長いので様子をみながらゆったりと投資できると思います。

※BATSUNAGUへの会員登録は下記のバナーから手続きができます。

BATSUNAGU

2.BATSUNAGUに投資をしている理由

私は基本的に新規事業者には投資をしない方針をとっております。

最大の理由は実績がないからです。

ですが、前回の「斑尾高原 ペンション再生ファンド」には投資をしました。

最大の理由はBATSUNAGUがテーマにしている「地方創生」です。

不動産クラウドファンディングといえば都内近郊、もしくは沖縄等観光が強い地域色が主とされている傾向がありますが、

BATSUNAGUのように田舎、特に日本政府が数年前から推進している「地方創生」をテーマにしている所が斬新すぎて私は魅力を感じます。

投資家に対しては共感型クラウドファンディングであり、他事業者との差別化を図っておりますね。

BATSUNAGUの事業者紹介については下記の記事をご欄ください。

zaosi.hatenablog.com

3.まとめ

以上が、BATSUNAGUの紹介となります。

私は本来、実績がない新規事業者には投資をしない傾向ですが、BATSUNAGUは「地方創生」というテーマに共感を持ち、

BATSUNAGUの第2号案件である「斑尾高原」に投資をしました。

zaosi.hatenablog.com

今後もBATSUNAGUが新規案件が告知された場合は、皆様に情報発信をしていきます。

この記事を読んでBATSUNAGUに興味を持ちましたら会員登録して自身で実体験してくださいね。

※BATSUNAGUへの会員登録は下記のバナーから手続きができます。

BATSUNAGU

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 

↓クリック、よろしければご協力をお願いいたします

にほんブログ村 通販ブログへにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ