< google-site-verification=egtZNNqKh1HOynz4dS1ABSSVbn2y5pzdWPPSFBTsFHE

落とし玉案件を狙っていこう‼

 

 

2022年も半月が過ぎました。

正月休み・成人式が終了して社会活動が活発化してきましたが、

不動産投資型クラウドファンディングでは「お年玉案件」が各事業者から続々発表されています。

今回は「Rimple」と「利回り不動産」についてご紹介していきます。

(目次)

1.Rimpleのお年玉案件

Rimpleは抽選方式を採用して現在募集期間中です。

案件詳細は以下に掲載します。

案件名:Rimple's selection #29

募集金額:102,000,000円

利回り:5.0%

運用期間:6か月

募集方式:抽選方式

募集期間:2022年1月14日18:00~2022年1月21日18:00

最低出資金額:10,000円

f:id:zaosi:20220115115608p:plain

おそらくRimpleでは初の募集金額1億円台であり、利回りも今までとは破格の5.0%ですが、

さすがお年玉案件ということで、この記事を作成している2022年1月15日段階で

募集金額は6億円を突破しました。

今回の募集期間は1週間と長いので、このままいけば募集金額は10億円になるかもしれません。

Rimpleといえば、どんどん利回りが低下していったので、

今後の最低利回り基準はいくつになるのか?気になります。

zaosi.hatenablog.com

Rimpleの事業者紹介は下記の記事をご覧ください。

zaosi.hatenablog.com

※Rimpleへの会員登録は下記のバナーから手続きができます。

Rimple(リンプル)

2.利回り不動産

利回り不動産は久々に募集金額数千万円規模が登場しました。

案件詳細は以下に掲載します。

案件名:利回り不動産19号(国立サニービル第2回)

募集金額:63,000,000円

利回り:8・0%

運用期間:6か月

募集期間:2022年1月18日12:00~2022年1月19日

最低投資金額:10,000円

募集方式:抽選方式

f:id:zaosi:20220115121038p:plain

今回の募集金額は数千万円単位であること、Rimpleと違い募集期間は一日半である。

Rimpleと違い事業者知名度はかなり劣るので案件が成立しやすいといえば利回り不動産でしょう。

一日半しか募集期間ありませんので、興味がある方は忘れずに案件応募手続きをしてください。

利回り不動産の事業者紹介は下記の記事をご欄ください。

zaosi.hatenablog.com

※利回り不動産への会員登録は下記のバナーから手続きができます。

3.まとめ

2022年になってから、各事業者は新規案件を連発しています。

今年も私が投資している事業者を中心に案件告知やキャンペーン情報がありましたら、

随時お伝えしていきますので、ご参考にしてください。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 

↓クリック、よろしければご協力をお願いいたします

にほんブログ村 通販ブログへにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ