< google-site-verification=egtZNNqKh1HOynz4dS1ABSSVbn2y5pzdWPPSFBTsFHE

【キャピタル型】渋谷区神泉エリア【COZUCHI】

 

 

今回は不動産型クラウドファンディング事業者である「COZUHI」から、

2021年11月3日に新案件が登場するので、この案件を中心に紹介していきます。

(目次)

1.渋谷区神泉エリア案件

それではCOZUCHIの案件についてご紹介していきます。

案件名:渋谷区神泉エリア 開発プロジェクト

募集金額:550,000,000円

利回り:5.5%(キャピタル:5.4%、インカム:0.1%)

募集方式:抽選方式

募集期間:2021年11月3日19:00~2021年11月15日13:00

運用期間:6か月

最小金額:10,000円

最大投資金額30,000,000円

概要: 「神泉」駅から徒歩3分にある店舗付住宅等の開発用地を投資対象です。

現状、5階建てのホテルは10月末日で営業終了するなので、建物を解体し、店舗付住宅等の開発用地とします。

建物の建築に必要な、建築確認等の各種許認可を取得し、着工できる状態になるまでの期間が運用期間です。

またキャピタルゲインの配当は運用期間終了時に、建築確認等の各種許認可を取得済みの土地としての評価額で、

事業者であるTRIADが本物件を買い取ることを予定しており、当該評価見込額から想定利回りを算出しております。

f:id:zaosi:20211102221530p:plain

ファンド詳細のストーリー: 今回はなんといっても「フェーズ」があることでしょう。

今回の案件は ①建築可能な更地にし、開発に必要な許認可を取得する

       ②開発に必要な許認可に基づき、開発を行いリーシング等を行う

この2段階のフェーズに分かれており、今回は①のみが対象となっております。

①、②分ける理由は①でも売れる可能性があるからということが大きいと判断されたためだそうです。

最初から①②一緒に集めてしてしまうと建物解体中などでまだ開発はしないのに建築費をを集めることとなり、

非常に投資効率が悪くなり事業コストは上がってしまうそうなので、

COZUCHIではその事業コストは最小化にして、最終利益を最大化するためにフェーズ分けをされたそうです。

ここまで詳しく分析して投資家に詳細に説明するのはCOZUCHIだけのような気がします、さすがです‼

ちなみに今回の案件はキャピタルゲインの15%を上限として投資家に割り当てるそうです。

ただし想定を下回った場合、またはキャピタルゲインが生じない場合はインカム0.1%になります。

COZUCHI

2.COZUCHIの事業者紹介

ソーシャルレンディング及び不動産型クラウドファンディングは事業者ごとに特徴、募集方式等が違います。

なので事前に基礎的なことは知ってから投資をはじめたほうがいいです。

COZUCHIの事業者紹介は下記の記事で詳しく掲載しています。

zaosi.hatenablog.com

3.まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は再び募集方式が「抽選方式」に戻り、募集期間が約12日間と長めに設定されています。

今回は募集期間内であればいつでも案件応募ができ「平等に投資可能」です。

当選するかは応募金額しだいとなりますが、COZUCHIは数か月で大人気化しているので競争は激しいです。

zaosi.hatenablog.com

この記事を読んでKOZUCHIに興味を持ちましたら会員登録して実投資をしてください。

COZUCHI

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 

↓クリック、よろしければご協力をお願いいたします

にほんブログ村 通販ブログへにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ