< google-site-verification=egtZNNqKh1HOynz4dS1ABSSVbn2y5pzdWPPSFBTsFHE

【完全決着】下赤塚エリア【COZUCHI】

 

 

2021年9月からリニューアルした不動産型クラウドファンディング「COZUCHI」

他の事業者とは違う難解な物件を取り扱い、投資家利益優先主義で

投資家からの人気が過熱し期待以上となっていました。

そんな中、COZUCHIは投資家達の現状を改善しようと「とある方針転換」を決断しました。

目次

1.COZUCHI新案件紹介

まずは11月上旬に新案件告知されている案件からご紹介をします。

案件名:下赤塚 一棟マンション

応募金額:250,000,000円

利回り:6%(キャピタル2.5%、インカム3.5%)

運用期間:36か月

募集期間:2021年11月1日19:00~2021年11月8日13:00

最小投資金額:1万円

応募方式:先着方式

概要: 東武東上線「下赤塚」駅から徒歩圏内の1F店舗、2-3F住宅の一棟収益マンションです。

現在は満室稼働しておりますが、割安な賃料のためでの賃貸のため、相場賃料まで賃料を引き上げることを考えております。

安定的な賃料配当と、バリューアップによるキャピタルゲインが見込めるファンドとなっております。

ファンド詳細のストーリー:

仕入段階でわかったことはマスターリースされていて本来取れるであろう収益を損なっていました。

マスターリースは一般の不動産オーナーさんとかで空室リスクや手間を省くために有効ではありますが、

やはりマスターリースの手数料は重いです。これを外すことで賃料15%ほどは上げられる算段です。

15%上げてもマーケット情報の賃料相場としては適正かと思います。

f:id:zaosi:20211030064425p:plain

COZUCHIは毎回物件を仕入れた経緯について説明してくださるので非常に分かりやすいです。

この説明は他の事業者には全くありませんね。

2.COZUCHIの方針転換について!

それでは、COZUCHIの方針転換についてご紹介をしていきます。

上記の案件について赤文字で示しておりますが、応募方式が「先着方式」に変更されたことです。

COZUCHIは「キャピタルゲインを一定の分配方針に基づいて上限なしに配当します」ので、

案件応募に対して投資家が殺到し、今までは完全抽選方式でしたが、競争率が高すぎて当選は神のみぞ知る状態でした。

zaosi.hatenablog.com

しかし、COZUCHI初の先着方式を採用するとのことで、今回は「早いもの順番」ということになります。

クリック合戦は必至でしょうが、では募集開始から何分で終了するかは読めません。

今回の案件の応募金額は2.5億円と億単位となっています。

CREALのように2~3分の猶予があるのか、OwnersBookのように1分も満たずに終わるのか?

後者であれば先着方式でもCOZUCHIへの投資は難しくなるのかもしれません。

zaosi.hatenablog.com

私が一番心配しているのはCOZUCHIのサーバーダウンしないか?を心配しております。

以前もキャンセル受付でサーバーダウンした事例がありましたからね。

いずれにしろやってみなければ分かりません。

COZUCHI

3.他事業者も見習ってほしい

ここで投資家目線で申し上げれば、大事な点は投資家の要望にCOZUCHIが応えたということです。

ビジネスには絶対はありません、どれだけ慎重にリスクヘッジしても必ずどこかに亀裂は生じます

それをいち早く見極め対処することが事業者として重要なことではないでしょうか。

COZUCHIは上記の点を考慮して、完璧な対処でなくても今回の方針転換を示したのだと思います。

他の事業者様は設立当初は高金利やキャンペーンで投資家を囲んで、経営安定すれば徐々に利下げしていく。

この行為は事業者目線でされている現状と投資家には映っています。

zaosi.hatenablog.com

zaosi.hatenablog.com

それは別に構わないのですが、運営していてどこかに「亀裂が生じている」と分かれば、

少しでも「改善」を示す姿勢が大切だと思います。

それを他事業者様に私は申し上げたいです。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?

COZUCHI、初の先着方式採用の経緯についてご説明してきました。

2021年11月1日の取引状況はどうなるか初の試みなのでどうなるか分かりません。

もちろん私も参加させていただきます。

COZUCHI

この記事を読んでCOZUCHIに興味を持ちましたら会員登録して実体験してください。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

↓クリック、よろしければご協力をお願いいたします

にほんブログ村 通販ブログへにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ