<

あおしの通販・投資・資産運用記録

ほったらかし投資運用で毎月3~5万円の投資収入あります(*^_^*)  皆様の役に立つお金に関する投資・ブログ運営情報を中心に発信します。日本株/NISA/ソーシャルレンディング/インデックス投資/SP&500/ロボアド/楽天経済圏/Amazon/はてなブログ →最終目標であるサイドFIRE目指して頑張る!

権利関係を巡る新物件を提示したCOZUCHI

 

 

今回は不動産型クラウドファンディングである「COZUCHI」の新案件についてご紹介します。

(目次)

1.COZICHIの新案件

2021年10月中旬に募集が開始されたCOZUCHIの案件を紹介します。

案件名:中央区八丁堀 開発用地

募集金額:117,000,000 円

利回り:6.0%(キャピタル5.9%、インカム0.1%)

最小投資金額:1万円

運用期間:12ヵ月

募集期間:2021年10月14日19:00~2021年10月18日13:00

概要: 東京メトロ日比谷線「八丁堀」駅から徒歩7分にある古家付き開発用地を投資対象としております。

本物件は、現売主(A氏)が転居のため売却することとなりましたが、権利関係が複雑なため買手がなかなかつかず、

割安な価格となっておりました。事業者が、本物件の権利関係を弁護士等と精査した結果、

開発用地として案件化することが可能と判断し取得に至りました。

詳しくはCOZUCHIのHPで掲載されておりますが、簡単にかみ砕いて説明をすれば、

土地・建物の権利関係で親族の方が亡くなられたので、相続関係でいろいろとごたごたがあった。

COZUCHIが調べた結果、開発用地として安く仕入れることができたので案件募集となった、でしょうか。

f:id:zaosi:20211015225226p:plain

不動産型クラウドファンディングであれば、アパートやレジテンスの家賃収入を~ってのが一般的ですが、

COZUCHIは2021年9月からリニューアルしてからは「常に割安な物件であるか?」を前提として物件探しをして、

投資家に対して利回りが高いキャピタルゲイン設定をしております。

COZUCHIはキャピタルゲインを一定の分配方針に基づいて上限なしに配当をしております。

本件の場合は投資家に対してキャピタルゲインの25%を割り当てるそうですが、

運用期間中に対象物件が行われない場合は、インカムゲインのみの配当0.1%を上限に配当する方針です。

よってギャンプル性がある物件です、相続物件であるため権利を巡って紛争が発生することも想定されてますが、

COZUCHIはそのことも加味してファンド説明をされています。

2.COZUCHIに投資する上での注意点

今回の記事で紹介した案件については特殊すぎると前章でご説明しました。

他にもCOZUCHIへ投資する上で考慮しなければいけないのは、

COZUCHIはキャピタルゲインを一定の分配方針に基づいて上限なしに配当をしております。

よって本来はインカムゲイン中心のソーシャルレンディング&不動産型クラウドファンディングですが、

高利回りのキャピタルゲインが期待でき、旧WARASHIBE時も含めて実績があるため、投資家に非常に人気があります。

COZUCHIの応募方式は抽選方式であるために、非常に高い競争率となっております。

よって案件募集しても投資成立するかは運試しとなります。

zaosi.hatenablog.com

それでもCOZUCHIは常に投資家の利益を最優先に考え物件選定をしてくれます。

よって今後もCOZUCHIは魅力的な物件を投資家に提案してくれるでしょうから、

投資家への認知度が高くなり、案件成立が低下しても応募しづつけます。

COZUCHI

3.まとめ

今回はCOZUCHIの新案件についてご紹介しました。

COZUCHIの応募方式はすべて「抽選方式」です。ただ事業者・案件によっては「先着方式」もあります。

どの事業者がどちらの応募方式を採用しているのか?

ソーシャルレンディング&不動産型クラウドファンディングに慣れていれば、だいたい分かってきますが、

初心者の方には分かりづらいと思いますので、

私が投資している事業者を限定に別記事でご紹介していく予定です。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 

↓クリック、よろしければご協力をお願いいたします

にほんブログ村 通販ブログへにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ