<

zaosiが目指すプチ不労所得と資産運用

ほったらかし投資運用で毎月3~5万円の投資収入あります(*^_^*)  皆様の役に立つお金に関する投資・ブログ運営情報を中心に発信します。日本株/NISA/ソーシャルレンディング/インデックス投資/SP&500/ロボアド/楽天経済圏/Amazon/はてなブログ →最終目標であるサイドFIRE目指して頑張る!

ソーシャルレンディングは危ないのか?

 

 

金融商品分野を取り扱うHPやブログ、またユーチューバーや多くの投資家達ももほとんどの方はこう言います。

ソーシャルレンディングは危ない、お勧めしない」と。

なぜ多くの投資家・解説者達は危ない?と主張が多いのか、彼らの裏側にある思惑と、ソーシャルレンディングの基礎知識について解説していきます。

(目次)

1.ソーシャルレンディングが危ないと語る理由

多くの金融商品を取り扱う方々は、主に以下の理由を述べています。

①デフォルトリスクが高いから

ソーシャルレンディングで借りている企業は、利回りの低い銀行で融資を受けられない企業が多い。

銀行が融資しない理由の1つに、貸し倒れのリスクがあるから ということ。

銀行がお金を貸さないのなら、貸し倒れのリスクが高いから というのが主張です。

②大手でも詐欺が横行

直近であれば、最大手だったSBISL、maneo、また他の事業者も行政処分を受けて廃業・新規取引停止しました。

また新規参入が相次いでいる不動産投資型のクラウドファンディングも告知をせずに、撤退を相次ぐ事業者もあります。

つまり事業者の不祥事が多い といのが主張です。

③リターンよりリスクの方が高い

ソーシャルレンディングの利回りは2.0%~10.0%であると。

金利が高いということはリターンよりリスクの方が高い というのが主張です。

2.ブロガー等達の宣伝行為とリスク管理のポイント

ここからは投資家・解説者の思惑を考察していきます。

①すべては宣伝行為のための主張である

金融商品は数多くあり、人によってお勧めする金融商品があります。

自分がお薦めする・しない金融商品はあります。つまり後者の場合、悪い部分だけを紹介して「悪と見立てる」主張をします。

つまりこれは紹介する側の 宣伝行為の常とう手段 と思ってください。

ソーシャルレンディングは危ないのか?」の記事を書いた別ブロガー様はこのように締めくくっています。

基本は投資家保護の仕組みがしっかりしている「株式投資の方がおすすめ」と。

皆様ご存じのように株式投資・FXはキャピタルゲインであるため、こちらほうがよりハイリターン&ハイリスクです。

現に2021年7月30日(金)の日経平均株価は約500円近くも下落しました。

投資家の中にはこの大幅下落で保有銘柄がプラス→マイナスになったと嘆く声もありました。

私から言わせればほぼ無知識でやっていけば、株式投資・FXの方が危ないです、現に私がそうだから。

金融商品に投資する上で大切なこと

どの金融商品でもそうですが、投資をする上でご自身でリスク管理をすることが大切です。

リスク管理を徹底していなければ、どの金融商品をやっても大損する可能性があります。

リスク管理する上で大切なことを列挙します。

・それぞれの金融商品の特徴を投資家自身が勉強すること

・ある程度のリスクを考慮して投資をおこなう(少額・分散投資等)

・できれば複数の金融商品で資産運用すること

生活防衛資金をある程度貯めてから「投資」をはじめること

3.ソーシャルレンディングの基礎知識と事業者紹介

前章で各金融商品の特徴を把握するべきと主張しました。

ここではソーシャルレンディングの基礎知識と事業者紹介をしている関連記事をご紹介します。

もしこの記事を見てソーシャルレンディングにご興味を持ちましたら、読んでいってください。

ソーシャルレンディングの基礎知識について紹介している関連記事です。 zaosi.hatenablog.com

ソーシャルレンディングの応募方式について紹介している関連記事です。

 特に「クリック合戦」については要注目してください。 zaosi.hatenablog.com

・「クリック合戦」で投資しづらい方、または初心者にお薦めの

 ソーシャルレンディングの事業者紹介です。 zaosi.hatenablog.com

4.まとめ

今回の記事のポイントを整理します。

ソーシャルレンディングは危ない?と主張するのは宣伝行為の一環でもあること

・どの金融商品であり特徴をしってから投資をはじめること

ソーシャルレンディングの基礎知識と事業者紹介を抑えておこう

読者様方は金融商品の情報発信している記事をたくさん読んで、ご判断してください。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 

↓クリック、よろしければご協力をお願いいたします

にほんブログ村 通販ブログへにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ