<

zaosiが目指すプチ不労所得と資産運用

ほったらかし投資運用で毎月3~5万円の投資収入あります(*^_^*)  皆様の役に立つお金に関する投資・ブログ運営情報を中心に発信します。日本株/NISA/ソーシャルレンディング/インデックス投資/SP&500/ロボアド/楽天経済圏/Amazon/はてなブログ →最終目標であるサイドFIRE目指して頑張る!

CREALの不安要素

 

 

今回はソーシャルンレディング「CREAL」に関して一まとめにした内容でお送りします。

(目次)

1.CREALへの投資

私はCREALへの最新の投資は6月に以下の案件に500,000円出資しました。

案件名:ドムス・スタイル押上

募集金額:55,800万円

利回り:4.5% (キャピタルゲイン2.0%、インカムゲイン2.5%)

運用期間:12か月

備考:早期償還が行われる可能性あり

これでCREALには総計3,500,000円投資したことになります。

月ごとに受け取る分配金(利息)は約5,000円以上となります。

CREALは月一ペースで数億円単位の大型案件をだしてくれるので、「クリック合戦」にならないので、

ソーシャルレンディングを始めて間もない方にも投資しやすい事業者です。

zaosi.hatenablog.com

2.CREALの不安要素

新型コロナウィルスですが、現在東京五輪開催が開催されいてる状況ですが、沖縄県は2021年7月28日には300人を超す感染者となっています。

また沖縄県は6月には独自で一時公立学校を休校するなど感染状況が

6月の時点で他の都道府県より深刻な状況となっております。お酒提供禁止がなかなかできない地域だったから?でしょうか。

CREALと沖縄県の共通点ですが、昨年10月に楽天LIFULL STAY株式会社との業務提携により、

「(仮称)Rakuten STAY Naha Ti-da」という案件名で募集をしました。

現在の感染状況により沖縄県への観光客の流入はどうなるのか?

もし想定よりかなり下回った場合はCREALの説明では「テナント及び施設運営リスク」が発生します。

「テナント及び施設運営リスク」の説明は以下の通りです。 本事業では対象不動産をテナント(賃借人)に賃貸借契約で貸すことになります。テナントその他関係者の業績や財政状態の悪化、

運営業務委託契約による受託者(存在する場合)の施設運営の状況によっては、

当社が受け取るべき賃料または売上を受け取れず、投資家に対しての配当を行えないおそれがあります。

また、かかる事態が発生した場合には不動産価値も大きく毀損するため、売却時に大きな損失が生じるおそれがあります。

運用期間中のマイルストーンによりますと、建物竣工は2021年6月でホテル開業は2021年8月となっております。

新型コロナウィルスワクチン接種が日本でもようやく進んできておりますが、

東京五輪の影響もあり新型コロナの感染状況が悪化し手現在「第5派」が発生しているといわれています。

以前CREALのホテル案件は昨年9~10月頃に募集していた上野ホテル案件の経営が危機になったために、

ホテル➡オフィスへ用土変更工事を行う案件が登場しました。

CREALのHP「(仮称)Rakuten STAY Naha Ti-da」のリターン→期中配当シミュレーションのグラフを見ると

絶対当初案件募集した時のような状況じゃないだろうって一目でわかります。

利回りは8%ですが、ホテル運営リスクもあるので、この利回りで配当されるのか?もしくは何かあって延期しないか?

現時点では危機が表面化したのではなく、私個人の「懸念事項」に終わればよいのですが。

ただしCREALはホテル案件で一度問題が表面化してしまったのは事実です。

「(仮称)Rakuten STAY Naha Ti-da」は私がCREALに投資した第1号案件です。

f:id:zaosi:20210620082853p:plain

3.まとめ

現在東京五輪が開催されていますが、一日の感染者は過去最悪となっております。

まだ私はワクチンを接種しておらず、私事に影響がでないように新型コロナに感染しないよう心がけていますが、

皆様方も新型コロナには十分お気を付けください。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 

↓クリック、よろしければご協力をお願いいたします

にほんブログ村 通販ブログへにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ