<

zaosiが目指すプチ不労所得と資産運用

ほったらかし投資運用で毎月3~5万円の投資収入あります(*^_^*)  皆様の役に立つお金に関する投資・ブログ運営情報を中心に発信します。日本株/NISA/ソーシャルレンディング/インデックス投資/SP&500/ロボアド/楽天経済圏/Amazon/はてなブログ →最終目標であるサイドFIRE目指して頑張る!

高金利に惑わされないで!!

 

 

私が経験した30年前は銀行にお金を預ける金利は3~5%でした。

どこの銀行が金利高いか?比べたものです。

今でもその傾向は変わらないでしょう、でも果たしてそれでよいのか?が今回のテーマです。

(目次)

1.高金利より大切なこととは?

昨今、不動産型クラウドファンディングを中心に新規事業者が相次いでいます。

事業者は顧客獲得のために序盤の案件をキャンペーンと称して高金利で会員を勧誘しています。

投資家も利回りは「高金利」がよいので、一点集中します。

ただ冷静になって考えてください。

大事なことは「最終的に受け取れる分配金の金額」ではないでしょうか。

今回はこのようなお話をしていこうと思います。

2.FANTAS fundingの実例

2021年7月12日(月)に FANTAS fundingから5つの案件が同時募集ありました。

私はどこに投資するか?決めかねていましたが、FANTAS fundingに決めました。

zaosi.hatenablog.com

①FANTAS fundingの案件募集内容

概要は以下のとおりとなります。

FANTAS check PJ 第111号 利回り 3.0% 運用期間 212日

FANTAS check PJ 第112号 利回り 3.5% 運用期間 212日

FANTAS check PJ 第113号 利回り 2.5% 運用期間 271日

FANTAS check PJ 第114号 利回り 2.5% 運用期間 271日

FANTAS check PJ 第115号 利回り 3.5% 運用期間 184日

私は精査した結果、112号と114号に各500,000円、計1,000,000円投資をしました。

「利回り」だけを見るならば、112号と115号を選ぶべきだったでしょうが、なぜそうしたのか?

②投資シミュレーターを活用せよ

私が考慮した要因は「クリック合戦」「利回り」「運用期間」の3点です。

・クリック合戦について

5件同時に募集が開始されますが、利回り3.5%の2件は即売れきれは予想していましたので、

どちらかに絞るべきである、結果第112号を選びました。

ちなみに利回り3.5%だった112号と115号のクリック合戦は1分もかからずに満額成立しました

・「利回り」と「運用期間」の両天秤が大事

分配金がもらえる額は上記の2項目が重要となります。

ソーシャルレンディング事業者によっては「投資シュミレーター」が用意されているサイトもあります。

出資金額さえ入力すれば、いくら分配金がもらえるか瞬時に金額がでます。

出資金額50万円と仮定すると以下のような結果になりました。

FANTAS check PJ 第111号 分配金 6,934円

FANTAS check PJ 第112号 分配金 8,089円

FANTAS check PJ 第113号 分配金 7,386円

FANTAS check PJ 第114号 分配金 7,386円

FANTAS check PJ 第115号 分配金 7,020円

となります。利回りの額が少なく、運用期間が長い方が最終的にもらえる分配金が多いことがわかります。

ただし投資家によって運用期間は短い方がい、というなら話は別です。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか?

私は最終的に受け取れる分配金額を重視しているのでこの考えかたです。

金利は一般的にリスクが高い ということは覚えておいてください。

SBISLがテクノスステム絡みの太陽光で高利回りを出していたとしても10%を超えていたでしょうか?

おそらく今の現状(新規事業者乱立状態)の方が当時よりもさらに高金利競争になっているでしょう。

目先の高金利に惑わさらずに他の要素もぜひ見てくださいね。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 

↓クリック、よろしければご協力をお願いいたします

にほんブログ村 通販ブログへにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ