<

zaosiが目指すプチ不労所得と資産運用

ほったらかし投資運用で毎月3~5万円の投資収入あります(*^_^*)  皆様の役に立つお金に関する投資・ブログ運営情報を中心に発信します。日本株/NISA/ソーシャルレンディング/インデックス投資/SP&500/ロボアド/楽天経済圏/Amazon/はてなブログ →最終目標であるサイドFIRE目指して頑張る!

WARASHIBEは立場によってお勧めします

 

 

今回はソーシャルンレディング事業者「WARASHIBE」についてですが、タイトルコールは前回の「Owners Bookは立場によってお勧めしません」とは真逆のタイトルコールですね。

これは、どういう意味なんだ?ってことが今回のテーマとなります。

(目次)

1.WARASHIBEの募集中案件の紹介

まずはWARASHIBEが抽選方式で募集している案件についてご紹介いたします。

案件名:伊東市川奈 高級リゾート開発用地 ≪EXITプラス≫

応募期間:6月25日19:00~7月2日13:00

利回り:8%

出資期間:1年

募集金額:250,000,000

(内抽選方式の募集金額枠は150,000,00円)

応募方式:抽選方式

 

最初に先着方式が実施され、現在は抽選方式となっています。

f:id:zaosi:20210629201711p:plain

 

本物件概要:

本ファンドは、静岡県伊東市にあるリゾート施設開発用地を投資対象としています。

都心近郊の観光エリアでは珍しい約8700坪の広大な土地に加え、太平洋を一望できる高台の立地が特徴です。

また、物件周辺には名門川奈ホテルゴルフコースのほか、ホテル、旅館などのリゾート施設が集積しており、

リゾート施設開発用地として最適であると考えています。

また今回は商品設計として「EXITプラス」を採用しています。

EXITプラスとは、物件の売却不能リスクを低く抑えながら、より高いリターンを目指せる商品設計です。

本ファンドの対象物件は既に不動産投資会社、株式会社TRIAD(以下、TRIAD)と売買契約を締結しているため、

物件の売却によって得られる事業収支の確度が高いものとなっています。

f:id:zaosi:20210621205150p:plain

また今回は「お米5kgプレゼントキャンペーン」があります。

条件は以下のとおりで対象者全員となります。

①初めて投資した方限定

②本ファンドへ10万円以上投資した方

 

WARASHIBE

2.WARASHIBEを立場によってお勧めする理由

では今回の本記事の話題について語っていきます。

まず「立場」は誰のことか?というのが重要で、それは

ソーシャルレンディングに興味があるがやったことがない「未経験者」、また始めたばかりの「初心者」の方々です。

当ブログではソーシャルレンディングをもっと知ってほしいという趣旨も含まれております。

当ブログの趣旨は詳しくはこちらの関連記事でご紹介しております。

zaosi.hatenablog.com

なぜ「未経験者」や「初心者」の方々はWARASHIBEをお勧めするのか?

最大の理由は「投資がしやすい(案件成立する確率が高い)」からです。

要約すると最近注目された事業者であるため、

WARASHIBEは投資家の認知向上を伸ばす段階であるため、競争率は低いためです。

例題を述べますと上記で紹介した現案件募集は

募集金額 150,000,000円ですが(先着方式分除く) 応募率は締め切り2日後でも 90% と枠に余裕があります。

一方、同じく抽選方式を採用して投資家に絶大な大人気の事業者「Rimple」ですが、直近の案件では

募集金額 36,260,000円 と低めですが 競争率は 1080.9% と非常に高倍率で当選できるとは思えません。

f:id:zaosi:20210629203605p:plain

私は4月の段階でWARASHIBEという事業所を知り、

①抽選方式であること

②競争率が低い 

③募集案件は定期的に発表されている

④案件運用途中でのキャンセルが可能(解約手数料必要)

①~③から「比較的投資がしやすい」と判断しやすい。

また④ではOwnersBookは案件特徴として運用期間が2年、途中換金できず「資金拘束リスク」がある、

逆にWARASHIBEは募集期間は半年~1年、案件運用途中でキャンセルできるということで「資金拘束リスクが少ない」。

運用途中でキャンセルできる事業者は現在数得るほどしかないと記憶しております。

WARASHIBE

3.WARASHIBEの不安要素

WARASHIBEの不安要素について語る必要はありますね。

私もつい最近知ったことですが…。

①WARASHIBEの経営的リスク?

2021年6月11日にGFA株式会社との提携解消を発表され、GFAの保有する株式は19.0%とのこと。

簡単に言えば 「経営的リスク」 でしょうか。

これがどれほどインパクトのあることか私には分かりませんので言及しません。

この手の考察は詳しい方にお任せします。

もっと事業者ごとの経営状況をしるべきだ!とお𠮟りを受けるかもしれませんが、

元々ソーシャルレンディング投資に向いている人として、当ブログでは以下のように紹介しています。

①仕事が忙しくて投資に時間を割けない人

②株式の暴落などを気にせずに投資したい人

③投資初心者の方

関連記事はこちらになります。

zaosi.hatenablog.com

クラウドバンクもフレーズに使っていますが「待つだけ、資産運用」 

ちょいリアル忙しいので、細かく調べられない、何も考えずに過ごしたい!

②リスク軽減するための対策

だからといってリスクに対して対策することはおろかなことです。

私が皆様にリスク対策をご提案するとしたら

①様子見の段階であれば少額投資をすること

②慣れてきたら各事業者の信頼格付けランキングをして最大投資額を決めること

③投資商品(日本・米株、投資しTなく等)を複数やってポートフォリオを形成すること

自分で投資ルールを決めることが大事だと思います

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

私は上記のように考えますが、私個人の意見であって絶対正しいとは限りません。

私は現段階ではWARASHIBEは「投資のしやすさ」からソーシャルンレディングではメインに据えて投資をしています。

WARASHIBEという事業者の説明についてはこちらの関連記事を見てください。

zaosi.hatenablog.com

WARASHIBE

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 

↓クリック、よろしければご協力をお願いいたします

にほんブログ村 通販ブログへにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ