<

zaosiが目指すプチ不労所得と資産運用

ほったらかし投資運用で毎月3~5万円の投資収入あります(*^_^*)  皆様の役に立つお金に関する投資・ブログ運営情報を中心に発信します。日本株/NISA/ソーシャルレンディング/インデックス投資/SP&500/ロボアド/楽天経済圏/Amazon/はてなブログ →最終目標であるサイドFIRE目指して頑張る!

Fundsの紹介

 

 

今回はソーシャルレンディング事業者である「Funds(ファンズ)」の特徴についてご紹介いたします。

 

Funds

 

1.Fundsの特徴

Fundsは2019年1月に運営を開始しました。運営会社はファンズ株式会社です。

従来のソーシャルレンディングはネット上で投資家からの出資を募集して、運営会社が匿名組合(ファンド)の営業者になって、資金調達したい企業や団体にお金を貸付ける形態ですが、

一方、Fundsのファンドは資金調達をする企業によって組成されるのが特徴です。企業は集めたお金をグループ会社に貸し付け、その利息や返済を元手として投資家に分配金が支払われる仕組みとなっています。

 

つまり従来型ですと融資先の情報が開示されず誰に貸しているのか、投資家からは分かりづらいですが、

Fundsは貸付先企業の情報も公開されているので、企業概要や財務状況などの投資判断の役に立つ資料を投資家が確認することができます。

 

Fundsの参加企業は原則として、「上場企業」または「監査法人などの監査を受けた企業」に限定しています。

 

これを前提として、さらに「財務状況の健全性」、「資金調達力」、「必要な許認可の取得状況」などの項目を含めて審査を行ったファンドに投資できます。

こうした審査を経て、既に数多くの企業がFundsに参加しています。

 

2.Fundsのメリット

Fundsのメリットは以下のことがあげられます。

 

①投資先は上場企業限定である

さきほどもお伝えしましたが、Fundsの貸付先は上場企業に絞られています。

証券取引所に上場している企業には財務状況に関する書類を開示する義務があるので、客観性の高い情報をもとに投資判断を下すことができます。

また、Fundsで資金調達を行える上場企業は、厳しい社内審査を通過した会社に限られています。

 

②1円から投資ができる

ソーシャルレンディングは最低投資額が1万円の所が多いのですが、Fundsは1円から投資することができます。

まさに少額投資ができる案件ですね。

 

③応募方式は先着・抽選方式がある

ファンドの応募方法としては「先着方式」と「抽選方式」の2タイプが用意されています。

ただし抽選方式は2019年6月から導入している影響か、頻度としては先着方式が多いです。

両タイプの応募方式を採用している事業者は少ないです。

 

④優待付きファンドがある

Fundsで投資をするとFundsオリジナルの優待が貰える場合もあります。

優待として有名なのは大阪王将の割引券の他、温浴施設やスキー場の割引券などがあります。

分配金と優待付き、2つがもらえてお得感を感じますね。まるで株式を保有しているみたいですね。

 

⑤メルペイで投資ができる

Fundsは国内初となるメルペイで投資ができるようになりました。

今後も他の事業者でメルペイができるところがふえてくるかもしれません。

 

Funds

 

3.Fundsのデメリット

Fundsのデメリットについては以下のとおりです。

①元本保証がない

投資全般にいえることですが、案件ごとのリスク、事業者リスクが発生した場合は投資した元本は基本保証はありません。

SBISLの場合は日本の大手企業の代表格であるSBIHDが豊富な資金力を駆使して投資家に元本保証をすると(現時点で国の許可があってですが)発表しておりますが、

投資家の間では他の事業者でも貸し倒れが発生しても元本保証してくれると思い込んでいる節があるので、その点はご注意ください。

 

②途中解約できない

ソーシャルレンディング全般に言えるデメリットです。案件ごとに定められた運用期間が終了しなければ資金は拘束され利用することはできません。

 

③利回りは控えめ

Fundsの場合、貸付先が上場企業であるため利回りは他のソーシャルレンディングに比べるとかなり低めです。だいたい1~3%の間です。

これは上場企業であるため貸し倒れリスクがひくいために貸付金利も低くなる、ということです。

昨今の不動産投資型クラウドファンディングが乱立しており、オープンキャンペーンで10%超などの利回りをしておりますので、

投資家が投資する判断のひとつとして「利回り」を重視しているのであれば、Fundsは避けられる傾向にあります。

 

4.まとめ

いかがだったでしょうか?

Fundsはリスクとリターンのバランスを重視し、堅実な投資機会を提供できる資産運用サービスを目指しており、

「リスクは取りすぎたくないけれど、銀行預金よりも高いリターンでコツコツと資産を増やしていきたい」方に適しています。

またFundsは他のソーシャルレンディング事業者と違う特色があります。

もしご興味を持ちましたらFUNDSに会員登録してぜひご自身で体験してください!

 

Funds

 

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 

↓クリック、よろしければご協力をお願いいたします

にほんブログ村 通販ブログへにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ