<

zaosiが目指すプチ不労所得と資産運用

ほったらかし投資運用で毎月3~5万円の投資収入あります(*^_^*)  皆様の役に立つお金に関する投資・ブログ運営情報を中心に発信します。日本株/NISA/ソーシャルレンディング/インデックス投資/SP&500/ロボアド/楽天経済圏/Amazon/はてなブログ →最終目標であるサイドFIRE目指して頑張る!

iDeCo(イデコ)はやらない方がいい

 

 

ありとあらゆる投資に関する書籍では将来受け取れる年金は少なくなる、年金2000万円問題等があり、iDeCo(イデコ)に加入する方が増えていますが、今回当ブログでは逆のパターンを紹介しようとおもいます。

 

 (目次)

 

1.iDeCo(イデコ)の基礎知識

iDeCoとは「個人型確定拠出年金」の愛称で、老後資金をつくるための年金制度です。iDeCoは自分が拠出した掛け金を、自分で選んだ商品で長期にわたって運用します。運用先は定期預金、保険、投資信託などの運用商品のラインナップから好きなものを選び、掛け金を元手に自ら運用します。

 

加入条件:日本在住で20歳以上60歳未満、公的年金に加入している人

最低投資額:5,000円

月額上限額は区分ごとにわかれていますが、今回は割愛します。

 

 

 

 

2.iDeCo(イデコ)のデメリット

今回はメリットを省略します。デメリットは以下のことがあげられます。

 

①60歳まで引き出せない

②価格変動がある

③受け取り時に税金がかかる

④各種手数料が発生する

 ①に関しては最大のデメリットで原則60歳までは引き出すことはできません。場合によっては中途解約はできないが、年に1回を限度に掛け金変更はできます。また資格喪失届を提出して「運用指図者」になることで、積立停止ができます。

②に関してはiDeCoの運用商品は投資信託などが主でしょうから、当然のことながら価格変動があり運用がうまくいけば高い収益をあげることができ、その逆もあります。

③は老齢給付金として受けとる際は額に応じて所得・住民税を支払う必要があります。

④は開設・維持・運用管理手数料などは発生します。

 

3.iDeCo(イデコ)をやらない方がよい人

 

①貯金額が少ない方

②数年以内に大きなお金を使う方

③今後環境が大きく変わる方

 

 iDeCoの最大のデメリットである原則60歳までは引き出すことができませんので、現在の生活状況に余裕がない方はやるべきではないでしょう。

 私は去年8月にiDeCを11開設してそこでインデックス投資を始めようとおもった時期もありましたが、今後③に該当する人なのでiDeCo開設はやめました。ただ基本はiDeCoを開設して運用していくべきと私は考えています。

 

 

 

4.まとめ

 政府も2020年6月5日付で「年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律」が公布されました。それに伴い2022年度に確定拠出年金制度が改正されまして、2022年5月からiDeCoの加入可能年齢が、60歳未満から65歳未満に拡大されます。

 

これからは国に頼らず、自分で資産を作り出す時代ですよね! 

 

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 

↓クリック、よろしければご協力をお願いいたします

にほんブログ村 通販ブログへにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ