<

あおしの通販・投資・資産運用記録

ほったらかし投資運用で毎月3~5万円の投資収入あります(*^_^*)  皆様の役に立つお金に関する投資・ブログ運営情報を中心に発信します。日本株/NISA/ソーシャルレンディング/インデックス投資/SP&500/ロボアド/楽天経済圏/Amazon/はてなブログ →最終目標であるサイドFIRE目指して頑張る!

CRE Fundingの紹介

 

 

今回はソーシャルレンディング業者である「CRE Funding」についてご紹介します。

CRE Fundingは昨今のSL業者の不祥事により投資家の安心・安全志向が強まっておりますが、投資先の最有力候補として挙がっている業者となります。

 

CRE Funding

(目次)

1.CRE Fundingとは

2.CRE Fundingのメリット

3.CRE Fundingのデメリット

4.補足

 

1.CRE Fundingとは

2020年2月にオープンしています。CRE Fundingは2社が運営しており、案件を組成しているのは、東証一部上場企業である株式会社シーアールイーです。 直接的にサービスサイトを運営するのは、株式会社FUELです。 主にCRE Fundingは主に物流不動産関連の案件の組成をしているのが特徴です。

 

2.CRE Fundingのメリット 

以下のメリットがあげられます。

①物流不動産の案件に投資できる

②担保が設定されている

③定期的に分配金が支払われる

④キャッシュバックなどのキャンペーン実施がある

 

CRE Fundingの良さといえば、なんといっても型倉庫などの物流系不動産に投資できるところです。 専門的な不動産である倉庫に対して個人投資家が投資できる方法は限られています。 投資家の資産を守るために担保(保証)が設定されており、不動産系では当たり前となってきています。

分配金に関しては案件ごとに異なるかもしれませんが、四半期ごとに利益を確保できる仕組みとなっております。

  

CRE Funding

 

3.CRE Fundingのデメリット 

①利回りが低い

②ファンドの案件が少ない&小規模

③100%元本保証されていない

 

クラウドファンディングの利回りは、基本的に高利回りの案件が多いですが、

CRE Fundingの利回りは2.5~3.0%あたりとなっています。 利益優先で考えるよりも分散投資先として考えた方がよいかもしれません。 案件に関しては2021年3月時点では総計10本しかありません。

また募集金額も少額が多く「クリック合戦」についてご説明しますで紹介したとおり、わずか募集開始から1~3分以内で終了することもあります。 元本保障については投資であるため銀行預金のように100%保証されているわけではありません。

 

4.補足

CRE Fundingで口座開設をすればFUELオンラインファンドにも投資ができるようになっています。 CRE Fundingは物流ファンドのみですが、FUELオンラインファンドは事業者や不動産タイプが複数存在しています。 今後複数の独自サイトのリリース準備をしているらしいので、規模拡大に注目したいです。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 

↓クリック、よろしければご協力をお願いいたします

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへにほんブログ村 小遣いブログ お小遣い稼ぎで節約へ